樋本デスクの情報BOX  
HOME情報BOXトップ
1.16 10R  サラ−A2      距離・1800b   晴れ・良
馬番 馬名 所属 騎手 タイム/着差 人気
グランドコガネ  渡辺 野田 2.01.2
◎サムライランボー 弓削 岡田 半馬身
  ブリットレーン 胡本 周藤 4馬身
▲マイネルガッチャ 檜山龍 藤本 2馬身
  フロントダッシュ 檜山龍 佐原 4/3
  ディレットーレ 胡本 楢崎 4馬身
  バッケンレコード 江口 岡崎 2馬身
○イマカツウィーズ  檜山龍 4/3
×ダイワモナーク 徳本 三村 2馬身
 
馬連 3−9 720 馬単9−3 2560  3連単9−3−6 36260
第1コーナー 1 2 3 4 9 5 8 6 7
第2コーナー 1 3 9 5 7 6 8 4 2
第3コーナー 3 1 9 5 7 6 8 4 2

先手必勝!!イマカツウィーズの逃げ




 1月もアッという間に半分が過ぎた。今年から私、樋本デスクが担当する福山担当のオッズパーク・注目レースが全開催日掲載となり、大忙し。デイリースポーツ、そして東京スポーツと記事を打ち込むのに四苦八苦の状態で嬉しい悲鳴というか、頭がパニック状態に…。でも仕事があるだけでも幸せと思わなければ…。相変わらず丈夫で長持ち、貧乏暇なしの樋本デスクだ。2010年もがんばります。年が明けて4開催連続の1億突破を記録してきた福山競馬だが、さすがにきょうは客足が淋しかったのが気がかりだが、今週は馬場が整備され、先行馬天国から一転、差し馬天国に…。ファンの多くが迫力のレースに堪能していたのが救いだ。きょうのメインも象徴的なレースだった。逃げたのはイマカツウィーズだが、馬場の深いインを終始通ってはスタミナが…。どこまで耐えられるのだろうか。人気のサムライランボーは中団のインに構えて虎視眈々。道中、どう外へ持ち出せるかがポイント。サムライランボーをぴったりマークはグランドコガネ。こちらもインを追走だが、手応えは十分だ。
復活祭へサムライランボー向正スパート
野田グランドコガネも行きっ振り上々


 イマカツウィーズが向正にさしかかっても後続に2馬身のセーフティリード。2番手のダイワモナークの外からサムライランボーが持ったままで一気にスパート。グランドコガネも得意の1800でなかなかの行きっ振りだ。果たしてサムライランボーの復活祭なるのか…。
直線は壮絶なマッチレース
パワーのランボー VS 切れのグランド


 私の隣で見ていた徳本師が「きょうはサムライランボーの手応えが抜群。こりゃ、サムライが勝ったな」と確信。が、グランドコガネも4コーナー手前から鋭い脚で直線先頭に躍り出たサムライランボーに迫り来る。ブービー一からインを突いてブリットレーンも脚を伸ばすが、こちらは前2頭に3馬身のビハインドだ。壮絶な一騎打ち。パワーでネジ伏せようとするサムライランボーに切れのグランドコガネが急接近。激しい攻防となった。勝つのはどっちだ!!
逆転のVゴール!!野田グランドコガネ

 一昨年の菊花賞馬サムライランボー復活を容赦なく阻止した野田グランドコガネ。ラスト50bで強烈なフィニッシュを駆使してサムライランボーを完全に捕らえた。しぶといレース巧者で持久力自慢のグランドコガネにとって最大の勝因は距離が1800に延びたことと、馬場が整備されてインコースに砂を寄せて差し馬有利の馬場になったことが大きい。2010年も絶好調が止まらない野田誠。今年も福山エースのホームページを賑わせてくれそうだ。
バイタリティーあふれる野田誠


 とにかく直線での凄い気迫が好印象だった野田誠。衝撃というか、戦慄というか、鳥肌が立つパワー騎乗だった。きょう2勝を加え、おそらくリーディングジョッキーのトップに断ったのでは詳しい調べていないが、2010年も野田騎手は絶好調だ。
渡辺厩舎の若きアーティスト
芳野正幸くんも会心の笑み


 2009年のリーディングトレーナーに輝いた渡辺厩舎では最も年が若いが、厩舎では「芳野隊長」として誰からも尊敬される若きアーティスト、それが芳野正幸(29)くんだ。2003年にきゅう務員として青春を馬に賭けたナイスガイ。過去に重賞勝ちはないが、とにかく勝率は抜群。趣味は仕事と貯蓄。2010年の悲願は重賞V。「毎日が一生懸命。馬が好きで好きで…。今年も一戦入魂の精神でがんばります」と気迫十分の芳野くん。メインに続き、最終レースも担当のブランドゴールが人気薄で見事な差し切りだった。恐れ入った!!
サムライランボー復活Vならず


 前走は太目に泣いたサムライランボー。今回はシェイプアップして必勝を期したが、グランドコガネに足もとをすくわれた。一昨年の菊花賞馬がまたもや無念の涙。それでも敗れて強しのパワーは発揮してみせた。復活は近いぞ!!サムライランボー。
周藤ブリットレーン大善戦


 人気薄ブリットレーンが3着に飛び込んで3連単は好配当。ブービー追走から直線でインを突き、健在ぶりをアピールしてみせた。周藤騎手と兄弟分の天才レース実況でお馴染みの西田シゲちゃんは3連単を取ったのでは…。祝勝会の連絡、お待ちしています。




 
 



 






 


 
E-mail Home