樋本デスクの情報BOX  
HOME情報BOXトップ
2.7   10R   サラー4歳上牝馬   距離・1600b   晴れ・稍重
馬番 馬名 所属 騎手 タイム/着差 人気
ビービーバイラ 桧山博 渡辺 1.48.4
10  ジトゥルー 徳本 片桐 3馬身
○オリオンオーロラ 堀部 野田 1馬身
▲ノエシス  渡辺 岡田 4/3
×ブランドコール 渡辺 三村 クビ
  ケコレモン   桑田 周藤 2馬身
  パラダイスプラム 檜山龍 藤本 クビ
△モモカプリンセス  鋤田 松井 アタマ
  ラビングトスカーナ 田代 楢崎 1馬身半 10
  ライトオブマリア  檜山龍 クビ
馬連 2−10 1590 馬単2−10 1920  3連単2−10−7 6070
第1コーナー 1 3 7 2 4 10 6 5 9 8
第2コーナー 7 1 3 2 10 4 5 9 6 8
第3コーナー 1 7 3 2 10 4 5 9 6 8
絶好枠から逃げる岡田ノエシス
ビービーバイラは4番手で虎視眈々



 今夜は亀田大毅のタイトルマッチが8時から…。チャンピオンのディオカーセンは減量に失敗したとかでひょっとしたら、兄弟チャンプが誕生するかもしれない。この両者、リマッチとなるが、前回のようにクリンチの多い試合は見たくない。正々堂々と打ち合いを…。メインの第33回クイーンカップはボクシングでいえば打ち合いのような激しいレースになった。1番枠から岡田ノエシスが果敢に飛ばし、これに三村ブランドコールが絡んで行く流れ。さらには1周目の4コーナー手前から野田オリオンオーロラもスルスルと前2頭に急接近。女たちの熱き闘いはスタートから炎のごとく燃えた。ビービーバイラにとってはまさにおあつらえ向きの展開。好位のインから前3頭を見据えてマイペースの競馬だ。
3角からペースアップのビービーバイラ


 牝馬のレースにしてはめずらしいほどの迫力。Vゴールまであと200b。逃げ込みを図るノエシスに外からブランドコール、オリオンオーロラが、そして馬場の大外を突いてビービーバイラも射程圏。脚色は断然ビービーバイラ。片桐ジトゥルーもシャープな脚で迫ってくる。
ラスト100bで勝負あり!!
ビービーバイラ抜け出す


 直線を向いて早くも勝負あり。ビービーバイラがラスト100bで先団の3頭を捕らえると一目散にゴールへ…。ラスト50bすぎでは渡辺騎手が勝利を確信し、後ろを振り返るほどの余裕だ。もちろん渡辺騎手の手綱はピクリとも動かなかった。
悲願の重賞ゲットだ!!ビービーバイラ


 サンディナナの回避で一本被りの人気に支持されたビービーバイラ。単勝支持率72%に応えるべく、渡辺ビービーバイラは独走ゴールを真一文字に駆け抜けた。きょうのビービーバイラ、毛づやがかなり落ち込んでいたように見受けられたが、全く問題はなかった。「サンディナナ不在の牝馬戦なら役者が違います!!」といわんばかりに悲願の重賞をゲット。空恐ろしい破壊力と勝負根性。あんたは強い!!
見事大役を果たした渡辺博文
11日に園田で「ゴールデンジョッキーカップ」に出場



 ビービーバイラは当然のことながら、嬉騎手が手綱を捌くものと思っていたが、今回から渡辺騎手に急遽変更となった。どうも前走の負け方が陣営にとっては気に入らなかったのだろう。これまでビービーバイラとコンビを組んできた嬉騎手も肩を落とすしかなかった。勝負の世界は非情だ。それにしてもパーフェクトの手綱捌きでビービーバイラを重賞ウイナーへと導いた渡辺騎手。この勢いを駆って2月11日に園田で行われる「ゴールデンジョッキーカップ」に弾みをつけてほしいものだ。
好相性片桐で堂々「銀」のジトゥルー


 片桐騎手に鞍がピッタリ合うジトゥルーが三分三厘から凄い脚で突っ込んできた。8歳の牝馬だが、片桐騎手が乗れば実にレースがしぶとい。最大の穴馬とみていたのだが、これほど動くとは…。見事な2着だった。
野田オリオンオーロラ悔し3着


 完全に軌道修正なったオリオンオーロラだったが、無念の3着。3コーナーでは一旦先頭に躍り出たが、馬が掛かり気味?でラスト1ハロンが甘くなった。それでも負けて強しの迫力ある競馬。一時のスランプから抜け出したオリオンオーロラ、今後の活躍に期待したいところだ。
厳しいペースに耐えたノエシス


 結果4着も、タフな流れによく耐えたノエシス。ビービーバイラもそうだが、この馬も勝負強さは抜群。使い減りすることなく、オーナー孝行として知られるノエシス。心臓の強さは群を抜く。
瀬戸内の女王めざすビービーバイラ


 クイーンカップを制したビービバイラだが、これをご褒美に少しの間だけ休ませてほしいと思う私、樋本デスク。いくらタフだとはいえ、きっといつかは反動が来る。それが怖いのだ。ただ2,3月は牝馬の重賞戦線が数多く組まれており、休んでいられないか…。ビービーバイラはどう耐えるのか。今後の動向が注目される。




2.11  佐賀競馬場   サラ4歳上  2000b  1着:3000万円
 JRA フサイチピージェイ 牡・5 56 M.デムーロ
 JRA ロールオブザダンス 牡・5 57 岩田 康誠
 JRA ラッシュストリート セ・5 56 武    豊
笠 松 マルヨフェニックス 牡・6 56 尾島  徹
笠 松 トウホクビジン 牝・4 53 筒井 勇介
園 田 カラテチョップ 牡・4 55 下原  理
福 山 ナリタブラック 牡・8 56 岡田 祥嗣
佐 賀 ヘイアンレジェンド 牡・6 56 真島 正徳
佐 賀 アルカライズ 牡・7 56 山口  勲
佐 賀 エフケーフィル 牡・6 56 山下 貴光
佐 賀 タニノウィンザー 牡・6 56 吉留 孝司
佐 賀 フサイチギャロップ 牡・8 56 鮫島 克也

 瀬戸内最強ナリタブラックの佐賀記念挑戦という朗報が2日前に届いた。当初は予備登録の2頭目で出走をあきらめかけていた徳本師だが、推薦馬のうち、2頭が急遽リタイアで繰り上げ出走となった。レースは2月11日の木曜日。残念ながら、新聞作成の日で現地に向かえない。土曜、日曜なら取材に出かけられたのだが、残念でならない。福屋代表として意地をみせるか、ナリタブラック。朗報を待ちたいところだ。
誘導馬でがんばる!!元ジョッキー
高森良樹はいまも元気です


 もう3,4カ月になるか、一昨年の3月に現役を退いたキューピー高森良樹が誘導馬(不定期)で競馬場に帰ってきた。現役時からみるとかなりふっくらした高森良樹。現在、28歳になった高森は花嫁を募集中だ。いい人いたら、紹介してあげてください。


 
 



 






 


 
E-mail Home