樋本デスクの情報BOX  
HOME情報BOXトップ
6.13   10R   サラーA1   距離・1600b   晴れ・不良
馬番 馬名 所属 騎手 タイム/着差 人気
フジノアリオン 江口 岡崎 1.43.6
×ビービーバイラ 桧山博 楢崎 1馬身
▲シルキーハヤテ  末広 池田 クビ
 アポロコマンダー 渡辺 山田 半馬身
◎ナリタブラック 徳本 岡田 半馬身
 ミラクルタイザン 小嶺 藤本 2馬身
 ファイトオングラス  胡本 野田 ハナ
○コロネット 小嶺 周藤 2馬身
 
馬連 2−4 1740 馬単 4−2 3360 3連単4−2−1 12460
第1コーナー 4 7 8 2 6 5 1 3
第2コーナー 4 7 8 5 2 6 1 3
第3コーナー 4 2 8 7 5 6 1 3
絶妙ペース!!フジノアリオン







 注目のウォーターオーレが攻め馬後の運動で落鉄したテツを踏み、蹄から出血。幸い軽傷ということでひと安心。大本命のリタイアで波乱ムードの漂うオープン。オッズパークグランプリ2010(名古屋開催)、2頭目の代表候補決定戦は馬場悪化も手伝って大荒れの予感が…。ウォーターオーレ回避でナリタブラックが急浮上のレースだが、道悪のマイルで果たして力を出し切れるのかどうか…。道悪を意識してか、ナナリタブラックはスタート6番手でも逃げたフジノアリオンからは僅かに5馬身程度。射程圏内に行けて差し切りを図る算段だ。
流れは岡崎!!楽々の独り旅



 コロネットの競り駆りもなく、楽々のペースで逃げるフジノアリオン。逆にナリタブラックは離されまいと岡田騎手が気合を入れての追走。これだけ早めに動いて終いが切れるのだろうか…。
威風堂々の逃げ切りフジノアリオン





 距離延長と馬場を味方に逃げ圧勝劇を演じたフジノアリオン。コロネットの競り駆けもなく、悠々自適のペースに持ち込んだ岡崎騎手。会心の一番だった。
 
 



 






 


 
E-mail Home