樋本デスクの情報BOX  

 

から8

HOME情報BOXトップ
6.27   10R   サラー3歳   距離・1800b   晴れ・重
馬番 馬名 所属 騎手 タイム/着差 人気
ムツミマーベラス  末広 池田 1.57.2
▲リワードシャンヴル 雑賀 赤岡 5馬身
 マリンケハラッショ  江口 岡崎 4/3
×ビクトリーヒマワリ 渡辺 野田 1馬身半
◎フォーインワン 松本 楢崎 半馬身
 モエレアショット 吉井勝 岡田 2馬身
△ナカドイセンプー 小嶺 周藤 1馬身半
 ビクトリジュウベエ 渡辺 山田 2馬身半
 ウアバッシュ 檜山龍 5馬身
 
馬連 4−6 480 馬単 4−6 950 3連単4−6−7 17210
第1コーナー 3 8 4 1 2 5 6 9 7
第2コーナー 4 8 3 5 1 6 2 7 9
第3コーナー 4−8 3 5 1 6 7 2 9


フォーインワン出脚つかず厳しい展開




  最内枠を引き当てたフォーインワン。できれば包まれない外枠を引きたかったところだろうが、枠が最内だけに思い切って逃げに打って出るムードもあった。が、ゲートをスムーズに出ながら、行き脚がつかないフォーインワン。スタートから包まれる競馬でスタンドが騒然。1周目のスタンド前からスルスルと好位まで進出したフォーインワンだっ他が、ダービーのような迫力は消え失せていた。最高の流れはムツミマーベラスだ。懸念材料だったゲートの甘さもなく、逃げるモエレアショット、2番手ビクトリーヒマワリをーゲットに悠々自適な好位策。一方、高知のリワードシャンヴルはスタートで後手を踏み、最後尾からの競馬。九州ダービーの3着馬だが、かなり流れは厳しくなりそうだ。
向正から鬼脚披露のムツミマーベラス



 勝負どころの三分三厘。スタンドから悲鳴が…。フォーインワンがまるで夢遊病者のように馬ゴミに包まれてすでにタオル投入の形。そんなフォーインワンとはあまりにも対照的に、ムツミマーベラスはパワフルなストライドで先行グループを一網打尽。 4コーナー手前から完全に独走態勢を敷き、熱狂するスタンドの大声援の中、池田騎手がラスト50 bから最後のひとムチ。
まさしくケタ違いだったムツミマーベラス


 終わってみれば2着の高知リワードシャンヴルに5馬身の独走劇。あの強いムツミマーベラスが帰ってきた。ムツミマーベラスには是非、地方交流の重賞レースに挑戦してもらいたいもの。がんばれ!!天才娘。
ムツミマーベラス、無限の可能性を残して…



 喜びに沸くムツミマーベラス陣営。ダービーとはローテーション、体調、仕上げ方がひと味違っていた。これで12戦11勝のムツミマーベラス。存廃問題で揺れる福山競馬を救えるのはムツミマーベラスだ。
きょうのホームページは時間切れでこれまで。詳しく福山チャンピオンシップをお伝えできなかったことをお詫びします。   樋本デスク









レッツゴーカップで積極的に攻める別府真衣
 距離が1130で先手必勝とばかり、ジェニーナの逃げでレースは始まった。が、岡崎チェリーズバックがスタートから徹底的にジェニーナをマークし、人気のジェニーナにってとってはかなり窮屈なペース。別府真衣のレッツゴーカップは絶好の中団位置。アラナミ騎乗の西山裕貴は出脚がつかずにしんがり待機から機をうかがう。
岡崎完勝!!チエリーズバックで決めた
  3コーナーからは逃げるジェニーナに岡崎チェリーズバックが馬体を合わせにかかり、一気にペースが上がる。後続からレッツゴーカップの別府真衣が、そしてしんがりから満を持していた西山裕貴のアラナミも凄まじい追い上げで脚を伸ばしてくる。が、直線手前で先頭に躍り出た岡崎チェリーズバックがパワフルな脚でVゴールへ一目散。馬場の大外から強襲したアラナミを抑え込んで連勝をマーク。
結果2着も西山の手腕が冴えた!!
    アラナミで鬼脚披露


魅せた永森大智!!稲妻差しで衝撃のV獲り
 
断然人気のニッポンタイショーが逃げた時点でレースは決まり。そんなムードの一戦だったが、ゴール前で大ドンデン返しが待ち受けていた。スピードで押し切ろうとするニッポンタイショーだったが、直線をいて脚色が鈍り始め、大外から永森のウィークリーショウが一完歩ごとにニッポンタイショーの影に迫る。ラスト70bでは完全に抜け出し、永森騎手がウィークリーショウの勝利を確信して首筋をポンポンと叩くほどの余裕。ニッポンタイショーは太目が響いたのか、ゴール前でまさかの失速。迫畑フジエスウィッシユにインをすくわれ、痛恨のハナ負け3着。別府真衣のヤマサエレガントは終始2番手でスタンドを沸かせたが、力及ばず…。
岡崎マジックでパシコムーンハーバー先行決着
 断然人気のゼアグートがスタート立ち遅れてゲートを出た瞬間にアウト。オンナヲナメンナヨがペースを作り、岡崎のパシコムーンハーバーが絶好の2番手。道中絶妙のペース配分でパシコムーハーバーのを引き出した岡崎騎手が追いすがる野田ギターラ、永森ルビーウイングを封じ込んでパーフエクトなV獲りを演じてみせた。
 
4R 福山・高知連携「円福寺シリーズ」第2戦
果敢に逃げる永森ニホンピロソフィ
3角スパートから黒川ウォーターピグミンの逆襲
  スタートダッシュが違った高知ニホンピロソフィー。永森大智が華麗なフォームで逃げを打ち、後続の追撃を許さない。道中ペースよく逃げたニホンピロソフィーだが、池田アイビラスランドが向正からピッチを上げてニンピロソフィーのペースを崩しにかかる。

 直線入口では逃げるニホンピロソフィーに並びかけるアイビスランド。前2頭の出方をうかがいながら、人気のウォーターピグミンは3角過ぎにスパートを開始すると、強烈な勢いでニホンピロソフィー、アイビスランドを猛追だ。二枚腰で踏ん張るニホンピロソフィーだったが、
ウォーターピグミンのパワーに屈師し、2着を死守するのが精一杯だった。

5R 福山・高知「円福寺シリーズ」第5戦
久しぶりの瀬戸内見参!!赤岡修次にパドック熱狂
さすがの豪腕!!スタンドもシビれた
 赤岡修次ファンドリプライド
 赤岡修次、久しぶりの福山登場。南国土佐のスーパーアーティストがファンドリプライドでどんな手綱捌きを魅せてくれるのか…。その赤岡修次、スタートから中団にインに構え、じっくり機をうかがう作戦。先手を取ったステディーガール、その直後にダイワミュートス、そして高知ケイエススウィフトが絶好の3番手、外からハマノバレンタインと続く流れ。三分三厘にさしかかってもファンドリプライドは5番手のインでじっとしたまま。ペースを読んで、スパートすればいつでも抜け出せる自信が赤岡修次にはあったからだ。

 追い出しにかかった直線。ステディーガールを捕らえたハマノバレンタインが先頭に躍り出る。一旦はハマノバレンタイン、久しぶりのV獲りかと思わせたが、ゴール50bでファンドリプライドの破壊力がさく裂。馬場の大外から図ったような差し切り勝ちで「さすが赤岡の手腕は凄い」とスタンドのファンをうならせた。

スーパープレイに脱帽!!赤岡修次
 ド迫力のアクションでファンドリプライドを2連勝へと導いた赤岡修次。順当といえば順当だが、それにしても追い出してからの凄みあふれる手綱さばきは見事の一語に尽きる。鳥肌が立つ赤岡修次のスーパープレイだった。
 

 



 5レース終了後には「福元弘二コンサート」が行われ、元ジョッキー(川崎→高崎)で所属していた高崎競馬の廃止とともにジョッキーを断念。自らが競馬廃止を体験し、この「悲劇」を繰り返さないように、と地方競馬でコンサート活動を開始。自作自演の歌で地方競馬を盛り上げようとする福元弘二さん。これからもがんばって下さい。



 最終レースにはあのフリオーソの兄でJRA在籍時には1000万円クラスにランクインされていたナリタベガが登場。さすがにA4クラスでは競走レベルが違った。ズブそうなタイプだが、追い出してからの脚はさすが。メンバーがメンバーだけに勝って当たり前だったが、とにかく終いの脚に凄み。楽しみなランナーが産声をあげた。

6月27日・サラ歳のレース結果
1R サラ2歳−2組


絶対スピードが違った!!ナイストリップ
 ナイストリップ、ゴールドキャンドルが素早いゲートで先陣争い。スタート直後は2頭併走の形でレースが進んだが、二の脚でナイストリップが勝り、向正手前から主導権。3番手のインにカシマプリウスがマーク、他の3頭はスピード負けの形で追走に一杯。
  逃げ込みを図るナイストリップに、2番手から食い下がるゴールドキャンドル。が、絶対スピードで上回ったナイストリップが直線半ばでゴールドキャンドルを一気に突き放し、デビュー2戦目で嬉しい初勝利。

◇ナイストリップ 牝2・鹿  黒川幹生きゅう舎
父 ディープサイレンス
母 アンザラハート   馬主 田村 義徳



NARのレース成績はこちらをクリック→1R結果

2R サラ2歳−1組




母譲りのスピードでラピッドリーサン怒濤V
  好馬体、好センスで注目されたリニアステップだったが、ゲートの一完歩が甘く、スタートから厳しい流れ。出脚にまかせてシノブが逃げに転じて、上々のスタートを切ったラピッドリーサンが絶好2番手。デビュー戦では出が極端に甘かったラピッドリーサンだが、これだけ出れれば上出来だ。
 逃げまくるシノブだったが、ラピッドリーサンが3コーナー手前から爆発力にものをいわせ、シノブに襲いかかる。直線では完全にシノブを血祭りにあげ、三分三厘からエンジンの掛かったリニアステップの追撃を許さない。母は瀬戸内の快速娘として一世を風靡したラピッドリーラン。熱き血の傑作が母譲りのスピードと破壊力で本格始動の趣きだ。

◇ラピッドリーサン 牝2・鹿  那俄性哲也きゅう舎
父 レギュラーメンバー
母 ラピッドリーラン   馬主 天野 洋一


NARのレース成績はこちらをクリック→2R結果
 



 






 


 
E-mail Home