2/5    10R     サラ-A3   1600     晴・良
シルクウィザード 523 +25 野田 誠 1.45.6 人気1
シルクプラチナム 532 −10 三村 展久 1馬身半 人気2
× ナリタベガ 514 −2 佐原 秀泰 8馬身 人気5
グランドコガネ 467 +1 菅原 俊吏 アタマ 人気4
ゼットカーク 478 +4 渡辺 博文 2馬身 人気3
  タイガーコール 446 −7 黒川 知弘 8馬身 人気6
  ダンシングタイガー 488 −3 松井 伸也 半馬身 人気8
  キクノインプルーブ 462 −4 片桐 正雪 1馬身 人気7

馬連 2−4 520  馬単 4−2 1030 3連単 4−2−8 5360
S 前  2 3 1 4 8 5 6 7
3 角  2  3 1 8 5 6 7
4 角  2 −3 1 8−6 5 7

ベールを脱ぐJRA5勝シルクウィザード

JRAで5勝。ピークは過ぎたとはいえ、2008年・福島で準オープン勝ちの実績がキラリ。

旋風を呼ぶか!!白い疾風貴族シルクプラチナム

純白の巨体。いかにもスピード派というイメージで気分もノリノリ。その快速がみものだ。
瀬戸内2戦目!!メイン登場の菅原俊吏

福山での2戦目に挑むパワースラッガー、菅原俊吏。グランドコガネで初勝利なるか…。

ゲート躓きも加速力で逃亡シルクプラチナム
シルクウィザードは4番手の絶好位キープチカラ



 
  きょうは三次出身のプロボクサーであり、元日本チャンプの中広大悟が東洋太平洋のタイトルに挑戦。できることなら大阪まで応援に駆けつけたかったが、仕事優先で無念の涙。相手はツニャカオという強打者で玉砕覚悟だが、真っ向勝負の打ち合いを挑む覚悟の中広大悟。結果はともかく、悔いのない試合で完全燃焼してほしいものだ。さて、きょうのメイン、JRAからシルクウィザード、シルクプラチナムという快速で鳴らした「シルク軍団」が福山へ電撃移籍。どれほどのスピードを秘めているのか、注目の一番だ。ゲート直後に躓いたシルクプラチナムだが、すぐさま体勢を立て直して逃げに転じる。ゼットカークは掛かり気味に2番手マーク。その外からシルクウィザード、内からグランドコガネと続く流れ。ムード的にはグランドコガネの競馬だったのだが…。

猛烈!!三分三厘からシルクウィザードの鬼脚
逃げるシルクプラチナムを一気に強襲


 
  白い巨体を揺らしてシルクプラチナムがリズミカルな逃げでいかにも気分よさそう。2番手のゼットカークは3コーナー手前から脚色が怪しくなり、代わってシルクウィザードが2番手に急接近。ピッチを上げて逃げるシルクプラチナムに迫るシルクウィザード。前2頭が後続との水を大きく開け、完全な一騎打ちだ。グランドコガネ、ナリタベガは勝負どころからペースに乗れず、もはや3着争いがつつ一杯。

豪快に瀬戸内V!!ケタ違いシルクウィザード
陣営は「黒船トライアル」に挑戦状



 
  さすがといえばさすが。JRAから鳴り物入りで転入してきたシルクウィザード、シルクプラチナム。3コーナーからは両シルクが後続を全く問題にせず、壮絶なマッチレース。ゴール100手前から完全にエンジンの掛かったシルクウィザードが白い逃亡者シルクプラチナムに馬体を合わせ、100bの標識を過ぎると一気に抜き去り、瀬戸内初陣のゴールへ…。
フィニッシュは強烈なブローでシルクプラチナムを一気撃退。まだ全体的に重め感の残ったシルクウィザードだが、追い出してからの破壊力はケチ違いだった。年齢的にピークは過ぎた感のあるシルクウィザードだが、福山のレベルを考えると天下獲りの可能性も十分。次走、どれだけのレースを演じられるか、注目のパワーランナーだ。
 
まだまだ現役!!スケールが違った
シルクウィザードに無限の可能性
 
 JRA5勝はダテじゃないとばかり、元気な姿で引き揚げてきたシルクウィザード。周囲を威圧する迫力ボディー。まだ出来七分でこれだけの強さ。叩いた効果は計り知れず、お次もスピードとパワーでファンをうならせるか。
ウィザードに脱帽のシルクプラチナム
それでも魅せた!!強烈なスプリント

 
 シルクウィザードに後塵を浴びせられたシルクプラチナム。ゲートで躓き、リズムに乗れなかったことは確か。二の脚が強烈だし、小回りの福山コースで一世を風靡するだけの資質は備えている。父がサクラバクシンオーだけにマイラーの域は出ないが、楽しみな存在であることは確か。
菅原俊吏グランドコガネ「ホロ苦4着」
好位のインから見せ場は作ったが…



 
 短期移籍ジョッキーとして瀬戸内デビュー戦からメインVの期待がかかった菅原俊吏騎手。好位のインからじっくり乗りこなしたが、シルク軍団に完全な力負け。それでもきわどい3着(結果4着)まで食い込み、菅原騎手は意地を見せた。瀬戸内での初Vが待たれるところだ。多くのファンが君に声援を贈っている。



5R 福山・高知連携「宇治島シリーズ」8戦
南国土佐の白い逃亡者ニュートリノ独壇場

 
  ゲートのタイミングが合わず後方からのスタートとなった断然人気の高知ニュートリノ。スタンドを一瞬ヒヤリとさせたが、2コーナーからはスルスルと中団から好位へと押し上げ。大逃げを打ったウォーターレッドに4コーナー手前から並びかけるパワフルな脚で一気に強襲。三村騎手は直線持ったままで余裕のVゴール。きょうで27歳を迎えた三村騎手、会心のバースデーVだった。2着には逃げたウォーターレッドをゴール寸前でゴールドモンガーシャープに捕らえて久しぶりの連対確保だった。牝馬ながら、530`という迫力ボディーのニュートリノ。将来性は計り知れない。

8R 三菱電機(株)創立記念日杯
岡崎絶賛の大器ワールドウイング5馬身圧勝
  
岡崎騎手がその素質、スピードを絶賛するワールドウイングがケタ違いのスプリントでマウンテンウィン以下に5馬身の圧勝劇。トップスタートを切ったワールドウイングは道中岡崎が持ったままでドリームコンコルドをしたがえ、威風堂々の逃げ。三分三厘から後続を大きく引き離しにかかり、文句なしの横綱相撲。馬体センスにあふれ、どこまで強くなるのか得体の知れない大器。スターロードまっしぐらだ。
9R 節分草特別 (サラ・B2) 1600
魅せた對ィ雄一郎!!アルテローザで稲妻差し
3歳最強牝馬ムツミマックスは5着完敗
 暮のヤングチャンピオン、年明けの若駒賞を制した3歳の女帝候補ムツミマックスが古馬初挑戦で興味津々。どれだけ通じるのかみものだったが、さすがに3歳戦とB2戦とではペースが違った。中団待機から勝負どころの三分三厘で一瞬スパートの見せ場を作ったが、力負けは否定できず結果5着で無念の涙。レースは逃げるマルサンメインに4角からアルテローザが強引に迫り、直線でパワーの差をまざまざとみせつけて昨年暮以来のV獲り。馬体もふっくらし、強いアルテローザが帰ってきた。
11R 梅の花特別(サラ・B1) 1600
独り旅モエレパーフェクトがブレイクを撃破

 最終レースには南関東から転入の評判馬ブレイクが登場。初陣Vが期待されたが、スタートから楽々独り旅のモエレパーフェクトに苦杯を喫して黒星スタートとなった。それでも直線ではモエレパーフェクトを一瞬脅かすパワフルな脚。追って味があり、馬場慣れが見込める2走目で順当に勝利を収めそうだ。モエレパーフェクトは目下絶好調。マイルまでなら上クラスでも十分通用するはずだ。

黒船賞選考競走(2月4日) ※写真提供「福ちゃん出版社」
第8回黒潮スプリンターズカップ 1300(高知競馬場)
黒川知弘ウォーターオーレ「3着大善戦」



高知の「福ちゃん出版社」からウオーターオーレの写真が送られてきました。昨日は
レースを見れずに残念。競馬場で流した映像で思わず感動。4番手から直線で1番
人気のポートジェネラルに半馬身差まで迫ったウォーターオーレ。短い距離ならさす
がの走りです。よくやった!!ウォーターオーレ。地元に戻ってもがんばれ。