21(月)「第29回全国専門紙協会年次総会」で東京へ


 先週は19日に名古屋へ里帰り。父の見舞い、翌日には昔からの友人である笠松
の石井TMと何年かぶりで顔を合わせ、今池の夜を楽しんだ。その足で21日には
名古屋発11時00分の新幹線でいざ東京へ…。東京ドームホテルで行われる「全国
専門紙協会年次総会」へ出席。年に一度訪れる東京。昨年は凍えるような寒さだっ
たが、今年は日射しが暖かく最高だった。この写真は東京ドームのレストランから見る
東京ドーム、後楽園遊園地の風景。コースターで死亡者が出たことで遊園地は閉鎖
されていた。どんなコースターなのか、興味津々で乗りたかったのだが…。残念!!


「年次総会」恒例のビンゴゲーム大会


 6時から行われた懇親会。正面の赤いネクタイが決まってるのがテレビの解説でも
お馴染み、競馬ブックの井尻恵三さんだ。キンキラのブレザーで進行役を務めるのが
ケイシュウの代表取締役・長谷川さん。しゃべりのテクニック、ユーモアのセンスは持
って生まれたものか、毎年ビンゴゲームは大盛り上がりだ。今年のビンゴゲーム、私
、樋本デスクはアナウンサーの及川サトルさんに続いて2番目でゲット。ラッキー!!
「サトル節」の及川アナとツーショット


 2年前に 、福山で南関東ジョッキー交流の実況アナを努めて福山のファンに感動を与えた
及川サトルさん。あの衝撃的な「サトル節」は戦慄が走る。この日は年次総会の総合司会と
してさすがのしゃべりで会場をうならせた。キングスゾーンが4連覇を決めたマイル争覇の当
日、福山競馬を訪れていた。
東京ドーム46階から見た夜景


 仕事で使うデジカメは重たいので自前のデジカメを持参。でも画質がかなり
悪い。去年の元日に「カメラのサエダ」で福袋を買った中に入っていたデジカメ。
やっぱ安物はダメだこりゃ!!でも一応は映る。懇親会が8時過ぎに終わり、ドー
ム内の二次会へと向かった私。二次会の次は三次会だ。競馬ブックの平山さ
んに連れられていざ銀座へ…。これまで東京で飲むといえば池袋、錦糸町、高
場の馬場くらいだったが、銀座は初めて。行った先が美人スナック。ママの??
さん(名前は自体に名刺があり、あすアップ。どんな可愛い名前か考えておいて
下さい)は女優はだしの美人。写真を撮り忘れたのが私の人生最大ともいえる
大失敗。ホームページでアップしたかったのだが…。それにしても名古屋から3
日間、飲み過ぎでかなり疲れが出ていた。福山へ帰ってからの仕事を考えると
ユーウツな気分。もう2,3日、温泉でも行ってのんびりできれば最高なのだけ
ど…。でもあすは元気を出して廃止になった高崎を訪れると心に決めていた。
以前から高崎には足を運びたいと思っていたのだ。 美人ママの名前は久実さん
でした。

東京ドームのツインルーム
わびしさだけが…「独り寝の子守歌」


 これが東京ドームのツインルームだ。一泊どれくらいするのか、とうてい自前では
泊まれない。こんな豪華な部屋でひとりだけとはもったいなさすぎる。いつもはルー
ムサービスで食事をするのだが、東京ドームの料理は私の口に合わないし、目の玉
が飛び出すほどの高さ。会社の経費で落とせるとはいえ、貧乏人の私はドーム近く
のコンビニでおにぎりとカップうどんを買ってひとり寂しく食べた。それでもなかなか
旨かった。やっぱ、私は安上がりにできているのか。ベッドに着いたのが12時08分。
あすはできるだけ早く起きて高崎に行くつもりだったが…。さすがに3日連続で飲み
過ぎると動くのがつらい。二日酔いならぬ、3日酔いで高崎行きを断念。急遽、予定
を変更して建設中のスカイツリーを訪ねることにした。スカイツリーさん、ボクが行くの
を待っててね。
雲を突き破るほどの高さ!!
これが東京「スカイツリー」




 浅草を経由してスカイツリーのある押上へ…。地下鉄を乗り継ぎ、ヨロヨロしながら
辿り着いたスカイツリーの見える駅。あなたも東京へお越しの際はスカイツリー見学
に是非…。京浜電鉄の押上駅で下車してください。スカイツリーよ、さらば。私、樋本
デスクは1時30分の新幹線で帰路に着いた。来年の総会にはスカイツリーが出来
上がっているはず。来年も是非、訪れたい。立派に立つんだぞ、スカイツリー。雨に
もマケず、風にもマケず…。
19・20日「メインのレース結果」(撮影・競馬事務局 藤本欽一)
19(土)黒船賞トライアル・いろは丸特別
高知の疾風ポートジェネラル散る!!
シルクウィザード怒濤の鬼脚披露



 写真は事務局の藤本欽一さんに頼んでおいた。なかなかのカメラアングル。藤本
さん、今度「くるくる寿司おごりますので期待しないで待っていて下さい」。 絶対スピ
ードが違うと信じて疑わなかった高知ポートジェネラル。ただシルクプラチナムがC
番枠ということもあり、捨て身の逃げを打った。2番手から向正で一気に加速して先
頭に躍り出たポートジェネラルだったが、超オーバペースで直線耐えられずに3着
脱落。インターネットのリプレイでレースは見たが、シルクウィザードの凄まじい追い
込みに鳥肌が立った。シルクウィザード陣営は黒船賞挑戦を表明。福山代表として
見せ場を着くってほしいものだが…。
20(日)備後安田杯「久松城賞」
對ィワイエスオジョー必殺脚で2連勝


 まさにケタ違いだった。前モツれの流れで展開が向いたこともあるが、直線で
凄みある脚を駆使してワイエスオジョーが一気に飛び込んできた。連斗使いに
刺客を抱えていたワイエスオジョーだが、以前とは体そのものがひと味違う。
この分なら連戦が続いても大丈夫。ワイエスオジョーは逞しくなった!!