8R お疲れ様!!對ィ雄一郎引退記念


 あまりに寂しすぎるファイター、對ィ雄一郎との訣別。春爛漫の透きとおった青空、そしてさ
わやかな日射しが人生の新たなスタートラインに立つ對ィ雄一郎を暖かく見守っているようだ
った。別れを惜しむかのように表彰台に群がるファンの群れ。精一杯がんばってきたジョッキ
ー人生だった。けっして悔いはない。万感の想いで冠レースのプレゼンターとして表彰台に立
つ對ィ雄一郎。君は輝いていた。日本一、小さな競馬場(益田)から新天地を求めて8年。も
う、あの野生的でひたすら逞しい手綱さばきを目にすることはできない。永遠なれ、雑草ファイ
ター、對ィ雄一郎。


誘導馬も對ィ騎手の勝負服で粋な演出



  なんと泉智子さん、ベルガーがともに對ィ騎手の勝負服で登場。趣向を凝らしたコスチュ
ームにスタンドからは思わず拍手が沸き起こった。オレンジとブルーの鮮やかなコントラス。
ト。對ィ雄一郎引退記念にふさわしい演出だ。
「万感の想い」對ィ騎手の目頭に熱いものが…


 平静を装っていた對ィ騎手だが、セレモニーが近づくにつれて胸に熱いものがこみ上げてきた。
渾身の手綱で闘い続けてきた福山での9年間。泣いたこともあった、笑ったこともあった。汗と
血を涙で多くのファンに感動を与え続けてきた愛すべきファイター。心の瞳は涙であふれていた。
昨年10月に生まれたばかりの希帆ちゃん


昨年10月に誕生した稀帆ちゃんと、献身的な愛で對ィ騎手を支えてきた紘子さん。現役
ジョッキー断念は苦渋の決断だった違いない。
別れを惜しむ多くのファンに見守られて…


ファンと最後の別れ。スタンドに詰めかけたほとんどのファンが突然の現役引退を惜しんだ
精一杯戦い続けた13年のジョッキー人生



 黒いスーツを身にまとい、紘子さん、稀帆ちゃんとともに表彰台へ…。そしてじっと目を閉じる
對ィ騎手。13年間の戦いが走馬燈のごとく脳裏に甦ってくる。
徳本きゅう舎の馬主有志がスポンサー


 スポンサーである徳本きゅう舎の馬主有志を代表して藤井オーナーから感謝状と記念
品が手渡された。
メイショウユウカ福山で無傷の12連勝!!
訣別の名勝負を演じた黒川知弘騎手会長



高本敏明調教師の計らいでメイショウユウカ12連勝の記念にと迫畑一家も撮影に参加


騎手会長であり、勝利ジョッキーの黒川騎手から花束が贈られ、笑顔で一礼する對ィ騎手
男泣きの對ィ雄一郎 ファンに最後のメッセージ


インタビュアーの西田茂弘アナに目にも熱いものが…。私、樋本デスクも思わずもらい泣き。
對ィ騎手にとってこれが最後のインタビューとなった。
サプライズはジョッキー全員による胴上げ



サプライズはジョッキー全員による胴上げ。宙に浮く對ィ騎手。第二の人生への祝福
もこめた胴上げだ。 素晴らしい友情だ。
永遠なれ!!炎の雑草ファイター對ィ雄一郎


1998年に益田デビューから通算5810戦633勝、重賞を制すること3度。一戦入魂、
最後までレースを諦めないがんばり屋の30歳は静かにジョッキーとしての幕を下ろし
た。ファンの脳裏に刻まれる永遠の雄姿、君は輝いていた…。





松井の術中!!独り旅でマルサンスパイス会心V

4/17    10R    サラ−C1級選抜   1600     晴・良
× マルサンスパイス 409 −11 松井 伸也 1.48.1 人気6
メイショウクオーレ 492  0 黒川 知弘 1馬身半 人気3
10 アンテリジェンス 495 −1 池田 敏樹 クビ 人気1
  レッドアクセル 484 −2 渡辺 博文 2馬身半 人気5
ムツミサイレンス 457 −3 野田 誠 アタマ 人気2
  コウゴウシャトル 474 +2  勝則 2馬身 人気8
  キクノジョオー 421 −5 楢崎 功祐 クビ 人気10
  マルサンラヴィータ 431 +3 岡田 祥嗣 4/3 人気9
ヤマイチボム 478 −2 岡崎 準 2馬身 人気4
  クールシナリオ 450 +3 三村 展久 3馬身 人気7

馬連 4−9 5910 馬単 4−9 12960 3連単 4−9−10 32730
S 前  4 10 7 9 5 2 8 1 6 3
3 角  4 10 9 6 7 5 3 2 8 1
4 角  4 10 9 7 6 5 2 3 1 8

果敢逃げを打つ松井マルサンスパイス
2番手からVパターンのアンテリジェンス



 
  JIN〜仁〜の完結編がいよいよスタート。私は再放送を見て思わず涙が…。大沢たかおの名演技が胸を熱くする感動のドラマだ。9時からのオンエアなので起きていられない。ビデオに撮ってあすか、あさってゆっくり見るつもりだ。皆さんも是非…。春爛漫の福山競馬は新年度からすべて1億超え。昨日は北海道、金沢、九州が一日発売で1億4千5百万円を記録。きょうはさすがに苦戦を強いられたが、スタートは上々。忙しい日々が続くが、存続へ向けて全力でがんばりたい。きょうのメインは未来のスター候補が集結した広島県馬主会会長賞。大物4歳アンテリジェンス、切れ者ムツミサイレンス、V距離でヤマイチボム、将来性雄大なメイショウクオーレと役者は揃った。なかでもアンテリジェンスは無限の可能性を秘めた大器。どんなスピード、パワーで期待に応えるか、興味津々だ。そのアンテイリジェンス、逃げに打って出たマルサンスパイスの2番手から大名マーク。Vパターンに持ち込み、どこでスパートを開始するか。

超スロー!!ペースは完全にマルサンスパイス
3角で手応えが怪しくなったアンテリジェンス



 
 それにしてもスタートから超スロー。距離はマイルだが、実質的には1250の競馬に等しい流れに終始。こうなっては逃げるが勝ち。道中ペースダウンの逃げで完全に脚を余していたマルサンスパイスがアンテリジェンスのスパートにも動じず、快調な逃げで直線二枚腰だ。アンテリジェンスは直線で脚色一杯。3番手から迫ってくるメイショウクオーレにも脅かされる始末。
 

展開利でまんまと逃走マルサンスパイス
アンテリ完敗!!2着にはメイショウクオーレ


 
 終わってみればマルサンスパイスの大楽勝。2着メイショウクオーレに1馬身半差の圧勝劇で松井伸也が笑った。
現在7時ちょうど。きょうは對ィ騎手引退セレモニーで仕事がかなり遅れた。もうすでにホームページ終了の時間がとっくに過ぎた。あとのレースは割愛させていただきます。