きょう、後半6レースは岩手競馬の実況アナとして日本列島に感動と衝撃、鳥肌の名勝負
を演出するカリスマアナ、長田信也さんが福山競馬のレース実況を担当。岩手県人でありな
がら、広島カープをこよなく愛するナイスガイ。「パリーグは楽天。セリーグはもちろん広島カー
プが今年は優勝。いまから楽天とカープの日本シリーズを心待ちにしている」と長田アナだ。
昨日から入念にリハーサルを繰り返し、本番前になってもチェックは欠かさない。これぞプロ
魂、レース実況に賭ける男の情熱がひしひしと伝わってくる。

いよいよ本番!!緊張が走る一瞬


 いよいよはパドック解説のスタート。きょうは福山キンキのなか宏之くんが担当。
初めて長田アナとコンビを組むとあって緊張しきりだ。長田さんはさすがベテラン、
表情に落ち着きがあり、とにかく目の輝きがひと味違う。

迫力の実況!!レースの流れを読み切る長田アナ


 さすが百戦錬磨。レースの流れを正確に読み、寸分の狂いさえない実況はきょうが
福山初日とは思えないほど、落ち着き払っていた。実にシャープ、感動が熱くハート
に伝わってくる長田節に脱帽。ファンもきっと満足したはずだ。「あす、高知で行われ
る福山洋一記念を観戦してから岩手に帰ります」と長田アナ。自身も大震災の被害
者となり、復興に賭ける熱意は並大抵ではない。遠い福山の地で新たなスタートを
切った長田信也アナ。また、会える日を楽しみにお待ちしています。




       



5/8    10R    サラ−A級    1250     晴れ・良
  ミラクルタイザン 465  0 藤本 三郎 1.21.1 人気5
クラマテング 501 −1 嬉 勝則 4/3 人気1
シルクプラチナム 528 +18 三村 展久 1馬身半 人気2
  バーディラッシュ 457 +3 楢崎 功祐 クビ 人気6
× ユーガットテースト 462 +1 片桐 正雪 2馬身半 人気4
フジノアリオン 514 −4 岡崎 準 半馬身 人気3
  ゼットカーク 476 −2 渡辺 博文 3馬身 人気7
  タイガーコール 433 −7 黒川 知弘 2馬身 人気8
コロネット     競走除外 人気

馬連 1−2 1390 馬単 2−1 3670 3連単 2−1−3 15410
S 前  3 5 1 2 7 4 2 9 6
3 角  3 5 −1 7 2 4 9 6
4 角  3 1 5 2 7 4 6 9

速さが違ったシルクプラチナム
クラマテングは3番手に引き下げて応戦

 
 夏本番を思わせる暑さ。一気にこれだけ暑くなると体調が狂ってくる。私、樋本デスクはどうも季節の変わり目に弱い。この時期になると原因不明の体調不良に陥ってしまう。のちほど紹介するが、風邪気味に絶対効果のある特効薬をみつけた。これは優れもの。最後までホームページをご覧下さい。きょうの気温は何度だったのだろう。車はクーラーなしでは走れない状態。電力不足の日本列島。この夏は一大事だ。水も不足しています。全国の皆さん、電力はもちろんですが、節水にもご協力下さい。福山競馬のメインはオープンクラス(申し込み制)による1250の電撃戦。
オープンクラスの1250は見ていて面白い。6月5日にはオープンによる800b戦(スーパースプリントトライアル福山「ぶち速スプリント)も組まれており、 どんな強烈なレースになるのか楽しみだ。威風堂々逃げに転じたのは東海桜花賞でもハナを制したシルクプラチナムだ。クラマテングもスタートから気合をつけて行ったが、シルクプラチナムにはかなわない。ゼックカークにも先手を奪われ、3番手のポジション。それでも前が飛ばしに飛ばし、離された3番手をマイペースの追走。行きっ振りもよく、トップハンデの58`もさほど堪えていないようだ。クラマテングの直後にはバーディラッシュ、フジノアリオンと続く展開。流れが速く、後続の馬にもチャンスは十分か。

逃げ脚衰えぬシルクプラチナム
クラマテングも徐々にピッチを上げて追撃


 
 
 逃げ脚が冴えるシルクプラチナムだが、ゼットカークの徹底マークに3角過ぎから脚色が衰え始めた。クラマテングは3コーナー手前から嬉騎手がゴーサインでスパート開始。クラマテングは前2頭に急接近し、ついに射程圏内に捕らえた。スタンドのボルテージは最高潮。やはり58`でもクラマテングに軍配があがるのか…。

直線でクラマがプラチナムを捕らえた
馬場の大外から黒い帽子のミラクルタイザンが…

 
  ラスト60b。 短距離の申し子シルクプラチナムの逃げを捕らえたクラマテング。嬉騎手、ワイルドな右ステッキが爆発するとクラマテングは先頭に躍り出てVゴールをまっしぐら。が、そうはさせじと馬場の大外から不気味な黒い影が…。藤本三郎、ミラクルタイザンだ。必死に耐えるクラマテングにミラクルタイザン、絶品の切れが残り50bで大爆発。
強烈フィニッシュでミラクルタイザン美酒
夏場になって息を吹き返した短距離の切れ者


 
  もともと寒い時期は苦手のミラクルタイザン。暑い時期になればきっと動くと信じていたミラクルタイザンだが、ここでパワー全開とは…。終い50bは切れに切れて福山のチャンピオンホースを一気にネジ伏せた。気ムラでやんちゃなランナーがようやく息を吹き返した瞬間だった。上がり37秒3という瞬発力で復活祭を飾ったミラクルタイザン。きょうが狙い目といえば狙い目だったのだが…。
「びっくりしたなモゥ!!」照れ笑いのサブロー
「勝ったと思ったのにサブローにヤラれた」嬉騎手


 「ホンマでっか?びっくりしたなモゥ!!」と驚きを隠せない藤本騎手。レースではまず勝つことは難しいと乗っていたそうだが、あれよあれよいう間に終い伸びての逆転勝利。「いくら暑い時期に強いといってもメンバーが強烈すぎた。まさか勝てるとは…」。藤本騎手は夢をみているような気分で引き揚げてきたという。一方、嬉騎手は「直線で勝ったと思っていて乗っていたが、後からあれだけ切れる馬がいたとは…」肩を落とすしかなかった。


1R おはようモーニングとく戦 C1(二) 1250
高知ロスマリン執念!!福山2戦目で初勝利



 ロケットスタートを切ったケリーズラブが一旦ハナを奪ったが、外から強引にクリノオスカーが交わして逃げに転じる。好位の外にマウンテンウイン、インに一旦逃げたケリーズラブが引き下げて反撃チャンスをうかがう。クリノオスカーがスピードに任せて一気に押し切るかにみえたが、4コーナー手前から脚色が鈍り、中団に構えていたロスマリンが一気のスパートで直線先頭に躍り出て、マウンテンウインがこれを激しく追う展開。ゴール前はマッチレースとなり、高知ロスマリンがマウンテンウインの追撃を抑えて2度目の福山戦で嬉しいを初勝利をゲット。


樋本デスク「風邪退治にはコレ!!究極の特効薬」


 以前もこの内服液で助けてもらった。丈夫で長持ち(貧乏暇なし)だけが
取り柄の私だが、どうも季節の変わり目に弱い。昨年の秋にも体調が崩れ
たことがあったが、このドリンクで元気回復。3本入りで900円。1本300
円で健康が買えるのは嬉しい。きょうの10時くらいまでは苦しい状態が続
いたが、もう大丈夫。寒気がしてきたら、すぐこのツムラのドリンクを…。金
はなくとも、健康が一番ですぞ。