8/7   10R    サラ−B級選抜    1600     晴れ・良
グラスグローリー 431 −5 三村 展久 1.46.71 人気1
グラスアタック 471 −1 山田 祥雄 2馬身半 人気4
ラド 476 −1 佐原 秀泰 3馬身 人気2
メイショウユウカ 452 +4 岡村 卓弥 3馬身 人気3
  サクラファイヤー 445 −7 楢崎 功祐 2馬身半 人気7
× フジノイチヒメ 479 +2 岡崎 準 4/3 人気5
  メイショウセキトバ 486 −1 松井 伸也 大差 人気6

馬連 3−6 360 馬単 6−3 360 3連単 6−3−4 640
S 前  6 7 4 5 3 2 1
3 角  6 4 3 5 7 1 2
4 角  6 3 4 5 1 2 7

常勝グラスグローリー楽に主導権
逆転狙うラドはグラスをマークでV射程


 いま、韓国にハマっているのが私、樋本デスクだ。韓流ドラマが最高で韓国のミュージックも素晴らしい。先週で放送が終了した「ベートベン・ウィルス」の主題歌で韓国の美女アーティスト・テヨンが熱唱する「聞こえますかむがとにかく素晴らしい。聴いているとベートベンウィルスの名シーンを思い出して涙が出てくるほどだ。お聴きになりたい方はこちらをクリック→「キム・テヨン・聞こえますか…」。昨日のメインが5頭立てで1頭取り消しという前代未聞の4頭立てだった。昨日ほどでもないが、メインレースが7頭ではあまりにも淋しすぎる。ただオープン候補のグラスグローリー、持久力抜群のラド、そして距離に自信を持つグラスアタック、さらには根性で鳴る快速娘となかなかのメンバー揃い。頭数の割りにレベルの高い一戦だ。主役は文句なく目下6連勝で福山16勝目を狙うグラスグローリー。そのグラスグローリー、JRAから再転入以来、加速力がアップして進化を続ける一方。きょうもスタートからスッとハナに立ち、マイペースに持ち込む。メイショウセキトバが果敢に飛ばし、ラド、メイショウユウカが絶好位キープ。グラスアタックはいつもよりゲートをスムーズに出て行きっ振りも上々。グラスグローリーを巡る2着争いは接戦となりそうだ。
快調なペースで逃げるグラスグローリー
シルクウィザードも射程圏で3角スパート





グラスグローリーをターゲットに意欲を燃やしたラドは絶好ポジションだったが、3コーナーから佐原騎手の手が激しく動き出し、ラドとは対照的にグラスアタックは向正から反応抜群の瞬発力でラドを一気に交わし、逃げるグラスグローリーに1馬身差まで迫った。それでも三村騎手は余裕たっぷりの手綱だつた。ひと呼吸入れてラスト1ハロンで突き放す算段に思えた。

グラスアタックの猛追も通じず…
グラスグローリー直線独走でV7まっしぐら






  持ったままというわけにはいかなかったが、ラスト100で三村騎手が気合を注入するとグラスグローリーは鋭く反応してグラスアタックの猛追を退ける。4角では1馬身まで迫られたが、終いは軽く2馬身半。進化を続けるグラスグローリーは一体、どこまで連勝記録を伸ばすのか。いまのレベルなら準オープン、オープンでも通用しそうなほど馬に勢いがある。とにかく空恐ろしい強さだ。これでJRAから再転入後、7連勝をマーク。着差の合計が実に32馬身余り。そのパワーに脱帽するしかない。
着実に勝ち星を伸ばす三村展久
年間150勝ペースの凄い勢い




 
 きょうは2レースのクルセファイラブに続いての2勝。固め勝ちはなかなかったが、着実に星を伸ばし続ける三村展久。この勢いだと年間、150勝ペース。もはや初のリーディングジョッキーは確定。あとはどこまで数字が伸びるかだ。この勢いは誰にも止められない。
テン乗りで見事に捌いた山田祥雄
グラス相手に大善戦!!グラスアタック


 
 グラスグローリーには一目置かざるを得なかったが、スタートしんがりから向正スパートでグラスグローリーを一旦慌てさせたグラスアタック。グラスグローリーが再転入後、初めて味わった苦しい競馬だった。ゲートに弱点はあるが、とにかく上がり3ハロンの脚は強烈の一語。楽しみなカミソリパンチャーだ。

1R おはようモーニングとく戦 C1(四) 1250
高知の鬼脚マルヘイサッカー福山で無傷V3



  
 とにかくケタ違い!!高知が誇る4歳の大物マルヘイサッカーが2番手から2コーナー過ぎで持ったまま先頭。岡田騎手はスタートからゴールまで何もしないまま独走ゴールを直撃。とにかく強いマルヘイサッカー、その資質は超の字がつく一級品。これでマルヘイサッカーは福山で無傷の3連勝。3戦して着差の合計が20馬身とは凄すぎる。
4R 福山・高知連携「対潮楼シリーズ3戦」   C1(三) 1600
福山初V決めた!!高知タケデンマグナム

 
  スタートの甘かった高知タケデンマグナム。2コーナー過ぎまでは中団のインという厳しい流れを強いられたが、勝負どころの三分三厘にさしかかるとエンジン全開。スカイビスティー、テールバインダーの先行2頭に外から一気に迫り、直線先頭に躍り出たテールバインダーを力でネジ伏せる豪快な勝ち名乗り。福山では未勝利に甘んじていたタケデンマグナムだが、このクラスでは役者が一枚違った。会心の一撃だった。
4R 福山・高知連携「対潮楼シリーズ4戦」  3歳−2組
スピードでネジ伏せた高知リワードレイン
 1周目のスタンド前からインを突いて早々と先頭に立った高知リワードレインが道中マイペースに持ち込んで好位から一気に脚を伸ばしてきたメイショウブロガーの猛追を抑えて福山3勝目(二着1回)をマーク。岡田騎手は1レースのマルヘイサッカー、4レースのタケデンマグナムに続き、高知の3頭すべてVへと導いた。雑賀正きゅう舎も3戦3勝とパーフェクトだった。







 進行役はもちろんこの人、西田シゲ。神辺が生んだ天才エンターティンメントが開局15
周年を盛り上げる。あす月曜日は西川実知子さんとの黄金コンビで「GOGO!!Bびんご〜」
が午前7時からオンエア。「西川さんは情熱を持って仕事に取り組んでくれてる。頭が下が
る。もちろんエフエムのスタッフは地域の人たちに熱い想いで番組を作成している。ボクも
競馬実況はもちろん、エフエムの楽しさ、重要性をリスナーに心をこめて伝えていきたい」
と大ハッスル。頑張れ!!西田シゲ。今度、寿司おごるぞ!!



 イベント開始前から多くのファンが中央公園に詰めかけてくれました。とにかく会場は熱気ム
ンムン。それにしても蒸し暑いです。汗が噴き出てしまいます。ビールが飲めないのが残念。




 あまりの暑さにバテ気味。当然の事ながら、食欲も減退。できれば笠岡ラーメンを
食べたかった私、樋本デスクですが、暑すぎてラーメンを食べる元気が…。





 いよいよ本放送のオンエアがスタート。いちご幼稚園の園児たち、元気な歌声で
がんばりました。子供は暑さなんか、へっちゃら。羨ましいな…。


究極パフォーマンス!!番組別に歌と踊りを披露




 いやあ、見事だったです。なかなかの役者ぶりに感動しました。番組別のパフォーマンス、
会場からは大歓声と拍手の嵐が…。スタッフの皆さん、お疲れ様でした。エフエムふくやま
の番組、とても充実してますね。もっと写真をアップしたかったのですが、アップするとキリ
がないのでこれだけでご勘弁を…。毎日、楽しい放送、エフエふくやまの皆さん、ありがと
うございます。