地方競馬最多勝の大記録にリーチをかけてから7戦目を迎えるモナクカバキチ。
これまでは最悪でも掲示板を外さなかったカバキチだが、前走は道中見せ場を
作りながら、まさかのテールエンドにショックを受けたファンも多いはずだ。もうカ
バキチは甦らないのだろうか。それでもカバキチファンは夢を捨てずに応援に駆
けつけてくれる。カバキチは幸せだ。カバキチ応援グッズの特製うちわで声援を
送る女性ファンのためにも、きょうこそは…。「福山の誇り」の横断幕も掲げられ、
やる気満々のカバキチ。さあ、ミラクルを起こせ!!
ファイティングスピリッツは旺盛だったが…



 前走同様、中団に構えてレースを進めるカバキチ。毎回、3コーナー手前にさしかか
ると闘争本能を失うカバキチだが、今回はスムーズな動きで3、4コーナーを周回。直
線では先頭約5馬身の射程圏。松井騎手が気合を注入して手綱をグイグイとしごくが、
ラスト100bで力尽きたカバキチ。それでも懸命の力走で7着。地方競馬最多勝の道
のりは険しいが、不死鳥カバキチはいつの日か、必ず甦る。ネバーギブアップだ。


      



10/15   11R    サラ−B1・B2   1250     晴れ・良
グラスヴィクター 475 +3 佐原 秀泰 1.21.8 人気2
スカイサーファー 488 −9 岡崎 準 3馬身 人気3
ユウキサンオーラ 432 +2 黒川 知弘 2馬身 人気1
× グラスアタック 482 +6 三村 展久 1馬身半 人気4
  グラスレジェンド 502 +3 楢崎 功祐 2馬身半 人気5
  ミナミゼファー 467 +3 池田 敏樹 1馬身 人気9
ヒメキミ 412 −10 周藤 直樹 1馬身半 人気6
  マリアブーケ 412 +3 岡田 祥嗣 13馬身 人気7
  グランドオーク 468 −1 嬉  勝則 クビ 人気8

馬連 4−5 460 馬単 5−4 570 3連単 5−4−9 1780
S 前 7 5 9 2 6 4 1 3 8
3 角 5 7 9 4 6 2 1 3 8 
4 角 5 9 4 6 7 2 1 3 8 

持ったまま2番手マークのグラスヴィクター
ユウキサンオーラも絶好3番手で逆転うかがう




 
 急性声帯炎が徐々に改善されてレース実況も行えるようになった西田茂弘アナ。今週月曜の「GOGO!!び〜BINGO」ではシゲちゃんに励ましのメールが多数寄せられていた。さすが人気者のシゲちゃんだ。来週には絶好調の西田節が完全復活するはずだ。さて、メインは乱戦模様の豊穣特別。人気の中心はJRAからの新顔グラスヴィクターだが、ユウキサンオーラもJRAでの実績が優秀。この2頭にスカイサーファー、ヒメキミがどう挑むのか…。逃げたのはもちろんヒメキミだが、スタートから持ったままでグラスヴィクターがいつでも交わせる手応え。走法もダイナミサクの一語で2番手をマーク下地点で勝負ありといったレースパターンだ。ユウキサンオーラはターゲットをグラスヴィクターに絞って絶好の3番手。スカイサーフーァーもここ2戦よりはゲートがスムーズで馬そのものも走る気分になっていた。先頭からは5馬身余りの差。どこまで追い詰めるか、みものだ。

ヒメキミをイッキ強襲!!早くも独走態勢
初陣Vへまっしぐらのグラスヴィクター





 スピード自慢のヒメキミですら音を上げるグラスヴィクターの強靱パワー。3コーナーを待たずにグラスヴィクターがヒメキミを情け容赦なく一気に交わし去り、後続を引き離しにかかる。グラスヴィクターを徹底マークのユウキサンオーラはついて行くのが精一杯。かえって勝ちに行く積極策が裏目と出て4コーナー手前から反応が鈍くなる始末だった。スカイサーファーは3コーナーから追い出しにかかり、直線イン狙いがハッキリとしていた。外々を回ったのではとうていグラスヴィクターにはかなわないからだ。

魅惑のランナーが出現!!3馬身圧勝
直線独走!!佐原騎手が腰を上げてのVゴール




 役者があまりにも違いすぎた。インから鋭く追い上げたスカイサーファーもグラスヴイクトリーの前には全くお手上げだった。フィニッシュは佐原騎手が腰をあげて余裕のVゴール。はちきれんばかりの馬体センスでスピードにプラス、破壊力を兼ね備えた大物感漂う器。グラスヴィクターが前評判どおり、衝撃的な初陣を飾った。
会心!!独走Vへご満悦の佐原秀泰
グラスヴィクターA級ロードまっしぐらだ

 
 さすがに表情が緩む佐原騎手。直線でひと気合つけただけでスタートから競走スケールの違いをまざまざとみせつけた。終わってみれば持ったままでスカイサーファーに3馬身。目一杯の競馬なら軽く5馬身は引き離していた内容だ。ハイセンスで先々が楽しみなグラスヴィクター。佐原騎手も確かな手応えを感じ取ったに違いない。
完膚なきまでの敗北!!岡崎準
直線インを突いて猛追したスカイサーファーだが…



 
 グラスヴィクターに脱帽するしかなかった。決定的な3馬身、それも相手は余裕。いつもよりスタートが決まって走る気を起こしていたスカイサーファーだが、競走レベルの差に泣いた。それでも1250の忙しい競馬で2着は力の証明。気分屋でムラッ気なスカイサーファーだが、真面目に走ればパワーは本物だ。

3歳戦のレース結果(10月15日)
5R なでしこセレクションVol.1  2歳選抜牝馬  1250
好位の外から一気強襲ホープフルレディ
ウイングローズ逃げて二枚腰で2着死守




5R  サラ2歳-牝馬 1250  晴れ・重  レース結果
ホープフルレディ 周藤 直樹 1.27.0
ウイングローズ 三村 展久 1馬身半
イツマツ 藤本 三郎 半馬身
  ピストルズ 黒川 知弘 2馬身
  シゲノチコク 岡崎 準 2馬身半
エフエルマドンナ 渡辺 博文 2馬身半
  クィーンルビアン 片桐 正雪 半馬身
  カシノドリーム 楢崎 功祐 9馬身

1角 5 7 1 8 2 6 4 3
2角 5 7 8 1 6 2 4 3
3角 5 8 1 6 7 4 2 3 

  

  三村ウイングローズの逃げを4番手の外から直線で一気に捕らえたホープフルレディがデビュー6戦目にして嬉しいVゲット。ウイングローズ、クイーンルビアン、イチマツの激しい先陣争いに、道中スムーズに折り合いをつけて道中スタミナを温存した周藤騎手のファインプレーだった。仕掛けのタイミングもバッチリでゴール50bでパワーを爆発させ、パーフェクトな勝ち名乗り。毎回好レースを演じながら勝ち切れなかったホープフルレディがひと皮むけた走りで本格始動の趣きだ。

10R 楢崎功祐 800勝へあと「2」  B3(一)
ディープドリーム爆発的なパワーで圧勝

  ケタ違いの強さだった。スタートから持ったままで3番手をマークしたディープドリームは楢崎騎手が押さえるのに苦労するほどの手ごたえ。勝負どころからは次元の違うパワーを駆使して逃げるマルサンラヴィータ、そのラヴィータを一気に交わして先頭に躍り出たナカドイホーセキをあざ笑うかのようにディープドリームは直線でも遊び遊びのレースで独走フィニッシュ。秋口になってすっかり軌道修正なったディープドリーム。毛づやが映え、馬体も迫力がみなぎり、ムード最高。ちなみに楢崎騎手はこの1勝で798勝とし、800勝まであと「2」と迫った。