1/9   11R    サラB1・B2    1250     曇り・良
マルサンライナー 466  0 岡田 祥嗣 1.22.4 人気1
× ビクトリーヒマワリ 430 +4 渡辺 博文 クビ 人気6
シルクファラオ 536 −1 山田 祥雄 1馬身 人気2
  バンブーバファナ 489 +1 嬉  勝則 クビ 人気5
10 スカイサーファー 485  0 岡崎 準 3馬身 人気3
  スナークトマホーク 428 +11 中川 雅之 4/3 人気8
メイショウユウカ 449 −2 黒川 知弘 2馬身半 人気4
  コルシカタイム 439 +3 藤本 三郎 1馬身 人気10
  アポロジェニー 454 −1 畑中 信司 半馬身 人気9
  ヒメキミ 420 −1 周藤 直樹 アタマ 人気7

馬連 4−7 1980 馬単 7−4 4200 3連単 7−4−1 11910
S 前 2 7 4 5 1 8 3 9 6 10
3 角 2 7 4 5 1 3 8 9 10 6
4 角 7 4 2 3 1 5 10 8 6 9

 内枠利して強引逃げのヒメキミ
マルサンライナーは2番手マーク



 あるファンから「これを一度ご覧になってください」というメールが届いた。どこの誰かは
分からないが、それは昨年の12月23日に83年の歴史に幕を下ろした荒尾競馬のドキ
ュメントだった。思わず胸が熱くなった。なかなかいい作品だったのでホームページの表
紙にアップさせていただきました。是非、ご覧になってください。いずれにしても今年は福
山けいばが生き残れるかどうかの正念場。幸い正月競馬は順調なスタートが切れた。冬
競馬は他地区の発売が多いだけに売り上げを伸ばすチャンス。私も全力で取り組みたい。
売り上げ増になる何か、いい得策はないか。ファンの皆様の福山けいばに対するご意見、
ご要望をお寄せいただけたら嬉しい限りです。きょうは成人の日で新成人はいよいよ馬券
購入が可能。1万円あれば1レースから最終まで楽しめるのが競馬のよさ。新成人の皆
さん、福山けいばをよろしく…。きょうのメインは新春賞。新春賞がB1B2クラスで、しかも
1250とは淋しい限りだが、それでもスピード馬多彩でなかなか見ごたえがありそう。主役
は速さで勝るマルサンライナーだが、内枠にヒメキミがいて果たして逃げられるかどうか。
波乱ムードの漂う一戦だ。スタートは抜群だったマルサンライナーだが、さすがに速いヒ
メキミ。マルサンライナーは2番手競馬を余儀なくされ、果たして逃げない競馬でどこまで
能力を引き出せるのか…。好位のインという最高の流れになったビクトリーヒマワリ、シル
クファラオは意外に出脚がつかず、中団位置を強いられる。


逃げまくるヒメキミを徹底マークの岡田祥嗣
マルサンライナーが3角から一気の強襲劇




 ヒメキミの逃げも3角まで。岡田マルサンライナーが一気にヒメキミを強襲して三分三厘
で先頭に躍り出る。ビクトリーヒマワリは昨今不振にあえいでいたが、好位のインさえス
ムーズに立ち回れれば実に粘っこい。ハイペースで飛ばす前2頭を渡辺騎手が睨んで
直線逆襲のムードだ。その直後にはアポロジェニー、立ち遅れたシルクファラオもインを
突いて必死の応戦だ。人気のスカイサーファー、メイショウユウカはまだ画面に入ってい
ない。
4角独走の岡田マルサンライナー
馬場の大外から伏兵バンブーバファナが…




 三分三厘から一気に引き離しにかかったマルサンライナーだが、ヒメキミを捕らえるまで
に無理脚を要求されたことでかなり厳しいレースになったことは確か。後続からビクトリーヒ
マワリ、そして馬場の大外から凄みある脚でバンブーバファナが急接近。そしてインを突い
てシルクファラオも射程圏内に進出。ガ然、混戦模様となった新春賞。直線1ハロンは熾烈
をきわめそうだ。
耐えに耐えた岡田マルサンライナー
根性娘ビクトリーヒマワリの猛追も届かず…



 さすがにラスト50bではマルサンライナーの脚が上がった。マルサンライナーをしぶとく
捕らえようとするビクトリーヒマワリ。ゴール前は壮絶な叩き合いとなったが、スピードで勝
るマルサンライナーが耐えに耐えて3連勝をもぎ取った。3角スパートから貯金を蓄えた岡
田騎手のナイスプレー。エンジンが掛かった時に後続を引き離した戦法がキラリと光った。
ペース判断のよさがマルサンライナーに勝利を導いた。
悪戦苦闘もお見事!!マルサン3連勝
絶好調男!!岡田祥嗣が魅せた


 妥協を許さない勝負師、岡田祥嗣。 勝ち方に不満があったのか、ニコリともしなかった。
が、マルサンライナーの乗り方はあれが最高と私は確信する。私がファンにプレゼントの
高知県知事賞のゴール前写真、早くも沢山の応募がきている。女性ファンが多いのが目
立つ。頼れるジョッキー、岡田祥嗣。9レースのマルサンシンプルも最高だった。
あと一歩届かず…無念の渡辺博文


 ゴール前の脚色ではマルサンライナーを凌いでいたビクトリーヒマワリだが、岡田騎手
の執念にしてやられた。それにしても好位のインさえスムーズに立ち回れれば粘りを発
揮するビクトリーヒマワリ。渡辺騎手も完璧に乗りこなしたが、逆転Vならず…。
◇きょうのレースハイライト◇
8R 成人の日特別(B2−2) 1250
ゲットワンダー転入6戦目の初勝利




 このメンバーなら絶対能力が一枚上とばかり、ゲットワンダーの佐原騎手がスタ
ートから先手を主張してハカタアレイオーンの追撃をパワーで阻止。転入6戦目
にして嬉しい初勝利を飾った。昨年秋に脚部不安で一頓挫あったゲットワンダー
だが、状態がすっかり回復。タイプ的に1250の競馬は合わないが、それでも地
力の差で樂々の逃げ切り。距離が延びればさらに威力を増すことは確実でこれ
からも楽しめる器。きょうは予想どおりの順当勝ちだった。