2/5   9R    サラ3歳    1600     曇り・良

クーヨシン 443  0 佐原 秀泰 1.48.3 人気1
トールキング 445 −2 岡崎  準 アタマ 人気3
  ガラージュ 403 −3 池田 敏樹 2馬身 人気7
カンピオーネロサ 465 −2 楢崎 功祐 1馬身半 人気4
アグリノキセキ 475 −3 畑中 信司 クビ 人気2
× オブリラブ 438  0 嬉  勝則 2馬身 人気5
  ムツミクロフネ 490 −2 岡田 祥嗣 2馬身半 人気6
  ゴールドエレガンス 465 −5 三村 展久 1馬身 人気8
  マルサンラブリー 424 −5 藤本 三郎 9馬身 人気9

馬連 1−7 300 馬単 1−7 440 3連単 1−7−3 6690
S 前 2 1 4 8 3 6 7 5 9
3 角 2 1 4 7 3 8 6 5 9
4 角 1 4 7 2 3 8 5 6 9 
 

トールキングの強襲にヒヤ汗
一瞬ドキリ!!それでも勝ったクーヨシン


                                      (写真提供) 福山競馬事務局



 昨日は祝い事で競馬場へ行けずじまい。 写真は競馬事務局にお願いするしかなかった。
レースはインターネットライブで観たが、クーヨシンが逃げた時点で楽勝だと安心していた。
ところが画像が後続の馬を映し出している時、カンピオーネロサがいつの間にか先頭に躍り
出ていたのにはビックリ。走りのリズムを狂わされた感のあるクーヨシン。楽に逃げて楽に勝
つと信じ切っていたが、レースは想像を絶するほどクーヨシンにタフな競馬に…。中団待機の
トールキングが凄まじい瞬発力でクーヨシンに迫り、直線では完全に変わりそうな態勢だった。
思わず目をつぶった私だが、クーヨシンは2度の園田挑戦で逞しい成長ぶりをスタンドのファ
ンにアピールした。薄氷を踏む思いの勝ち方だったが、今後に繋がるしぶといレース。あるい
は遠征の疲れもあったか…。とにかく負けなかったクーヨシン。さすがといえばさすがだ。

1R マイネルフィロスで豪快に6勝目


 逃げてしぶとく粘るマルサンハッピーをラスト30bで捕らえてVゴールへと向かうマイ
ネルフィロス。追い出してからの迫力にうならされた。これで6勝目の畑中信司だ。
4R 完璧逃げ!!マキハタフォルテで7勝目


 絶対スピードが違った。外枠もなんのその!!後続を圧倒して畑中信司が豪快に7勝目。
6R 好位の外からタケノマンボで8勝目



  「楢崎サクセスブリンクの逃げに手こずったが、最後は力でネジ伏せた。きょう3勝の固
め勝ちで早くも8勝目。一体、どこまで勝ち星を伸ばすのか、冴える豪腕!!畑中信司だ。