馬体充実!!はちきれんばかりの気合
13歳!!中年の星カバキチは健在だ



 復帰2戦目の地方競馬最多勝なるか、奇跡の申し子モナクカバキチ。雨の降りしきる
パドックに姿を現したカバキチくん。馬体重は前走比、プラス1`。リフレッシュ効果で
体重が戻り、活力アップのカバキチ。あいにくの雨で湿った馬場がどう影響するかだが、
かなりやれそうなムード。きょうもテレビ、新聞各社が殺到。カバキチ・フィバーは凄まじ
いばかりだ。

上々のスタートで好位キープ!!
闘争心も甦りつつあるカバキチ





 スタートは上々のモナクカバキチ。松井騎手が気合を注入しての4番手マーク。復帰初戦
とは明らかに行きっ振りが冴え、道中鋭く反応して先行2頭に追いすがろうという展開。闘志
をむき出しにして力走するカバキチ。不滅のアラブ魂は健在だ。

三分三厘から猛烈な追い上げ開始
ひたむきに走るカバキチにスタンド熱狂!!




 前2頭からは水を開けられたカバキチだが、三分三厘からインを突いて応戦。4コーナー
では3番手までに進出すると、スタンドが大きくどよめいた。直線での脚どりも実に確か
で外から迫るクレバーユーミンと激しい3着争い。「なんとか3着に残れ!!」と私は思わず
我を忘れて叫んでしまった。が、無念にも結果は4着…。それでも次走はカバキチ快挙
達成の瞬間が脳裏に浮かんだほどの熱走だった。

敗れてさわやか!!カバキチ魅せた
日本列島に勇気と希望を乗せて…




 最後まで闘争心を忘れずに13歳のアラブが懸命に走った。雨の中、集中力を失わず
走りぬいた精神力にただただ脱帽。体が充実し、闘争本能も甦ってきたカバキチ。アラブ
の不死鳥伝説、中年の星は全国のファンに希望と勇気を与え続ける。

お次は待ってるぜ!!快挙達成の瞬間



 顔を泥だらけにしながら引き揚げてくるカバキチ。レースが終わっても元気ハツ
ラツ。アラブの不死鳥伝説に終わりはない。カバキチ、お次は待ってるぜ!!快挙達
成の歴史的瞬間を…。







2/13   10R    A1A2    1600     雨・不良

サマースピード 485 −1 畑中 信司 1.46.7 人気1
10 ストロングジョイス 456 +2 三村 展久 3馬身 人気2
× エンジエルブレス 465  0   勝則 2馬身半 人気5
ウィークリーショウ 424 −6 岡田 祥嗣 4/3 人気3
  ムサシボー 453 −4 楢崎 功祐 クビ 人気7
  ナリタブラック 513 −2 黒川 知弘 クビ 人気8
  ベルモントオメガ 504 −6 周藤 直樹 1馬身 人気10
フジノアリオン 490 −2 岡崎 準 4馬身 人気4
  シルクパナシア 486 −2 渡辺 博文 1馬身半 人気6
  タイショウロマン 457 −4 池田 敏樹 大差 人気9

馬連 8−10 220 馬単8−10 550 3連単 8−10−1 3070
S 前 5 6 10 4 1 8 9 7 3−2
3 角 5 10 8 6 1 4 9 7 3− 2
4 角 8 10 5 1 6 7 9 4 3−2
 

ストロングジョイス絶好3番手
徹底マークの新顔サマースピード




 園田からの新顔サマースピードの加速力が一枚上とみていたが、そのサマースピード
は畑中騎手がスタートから無理せず、中団待機の戦法を取った。ペースを支配したのは
ベルモントオメガでシルクパナシアが2番手マークという流れ。ストロングジョイスは絶好
3番手からクイーンカップ再現へ虎視眈々だ。サマースピードの畑中騎手は完全にストロ
ングジョイスをゲート直後から徹底マーク。白い巨体を揺らし、畑中騎手が押さえ切れな
いほどの手応えだ。


向正からレースが違った!!
一気に畳みかけるサマースピード




 まさに凄まじいばかりのサマースピード。向正ではまだ6番手に位置していたが、
畑中騎手がGO指令にサマースピードは鋭く反応。目の覚めるようなマクリで5頭
を一瞬のうちに抜き去り、4コーナー手前から先頭に躍り出る派手なパフォーマン
ス。そのパワーは別次元だった。直線で後続を大きく引き離すサマースピード。
とにかくレベルの違う走りだ。
新たなスター候補が産声を上げた
ターゲットは瀬戸内最強サマースピード




とにかく胸がすくようなサマースピードの独走劇だった。直線半ばで畑中騎手がひと
気合つけただけ。ゴール50bでは手綱を押さえる余裕で衝撃的な初陣を飾ったサ
マースピード。ハイセンスの馬体、柔軟性に富んだフットワーク。これはまぎれもなく、
福山最強を狙える器。楽しみなランナーが瀬戸内に産声を上げた。
中川雅之「お別れセレモニー」
通算5勝!!9Rのジョウテンホープでも魅せた





 7レース終了後には1月8日から冬季騎乗騎手として手綱を取った2700勝ジョッキー
の中川雅之騎手の「お別れセレモニー」が行われ、福山のファンに別れを告げた。心・技・
体すべて超一流だった中川騎手。パンチの効いた騎乗ぶりで福山で5勝をマークし、その
豪腕を如何なくみせつけた北陸路のナイスガイ。今後は3000勝めざし、地元金沢で大暴
れすることを心から祈っている。


福山でもファンの多い2700ジョッキーの中川雅之。その実力、人気は全国区だ


 鳥肌が立つド迫力のアクションでジョウテンホープを3連勝へと導いた中川騎手





 あすに迫ったバレンタインデーだが、すでに私はチョコを手渡され、気分爽快。しかし、
お返しが大変だ。もらったチョコの5倍くらいは経費がかかる。嬉しいやら、哀しいやら。
男の宿命といえばそれまでだが…。話はガラリ変わるが、昨日未勝利に終わった岡崎
騎手がきょうの4レース、ハンミョウで2番手から見事な抜け出し。これで通算2998勝と
なり、3000勝まであと「2」と迫った。ちなみに岡崎騎手の記事が一昨日、朝日新聞の
社会面に掲載されていた。私もインタビューを受け、名前が記載されていたが、年齢
はあくまで不詳とさせていただきます。あしからず…。いずれにしても来週には福山か
ら3000勝ジョッキー誕生の歴史的瞬間が訪れそうだ。