3/11   9R    A1・A2   1600     曇り・重

グラスヴィクター 468 −1 佐原 秀泰 1.46.3 人気1
  ビービーバイラ 425 +5 池田 敏樹 1馬身 人気6
シルクプレスト 506 −4 山田 祥雄 2馬身 人気4
コロネット 447 −7 周藤 直樹 2馬身 人気2
  ハードフォーレル 443 −2 黒川 知弘 半馬身 人気7
× ユーガットテースト 483 +2 三村 展久 3馬身 人気5
  エンジェルブレス 461 −4 岡田 祥嗣 2馬身 人気8
ヒルノラディアン 440 −5 松井 伸也 クビ 人気3
  フジノアリオン 527  0 岡崎 準 6馬身 人気9

馬連 1−5 1290 馬単 1−5 1650 3連単1−5−8 8130
S 前 3 8 1 9 5 6 4 7 2
3 角 3 8 1 5 9 6 2 7 4
4 角 3 1 8 5−2 9 7 6 4
 
予想どおりコロネットが主導権握る
スタート上々で絶好位グラスヴィクター



 あの未曾有の大災害からはや1年の歳月が流れた。あまりのショックに声すら
出なかった1年前をいまでも忘れることはできない。被災された方々にはここで改
めてご冥福申し上げます。一日も早い復興を望むしかなく、被災地の皆様には勇
気と希望を持ってがんばってほしいものだ。メインはアクアマリン賞。あす行われる
大高坂賞では予備登録のグラスヴィクターが恵まれた条件で一本被りの人気。メ
ンバー的に取りこぼせない一戦だ。レースは予想どおりコロネットの逃げでシルク
プレストがこれを追う展開。グラスヴィクターはスムーズなゲートから3番手ポジショ
ンという絶好の位置取り。その直後にヒルノラディアン、そして1頭離された中団に
ビービーバイラという流れだ。


コロネットのペースも徐々にペースアップ
グラスヴィクターは3角から佐原がGO指令




 3コーナー手前までは快調な逃げを打ったコロネットだが、ここからペースがグング
ンと上がる。グラスヴィクターの佐原騎手が待ち構えていたかのようにスパートを開
始。三分三厘では一気に先行2頭を捕らえにかかり、すでに勝負ありの形。コロネッ
ト、シルクプレストはさすがに脚色が怪しくなり、そこからビービーバイラが鋭い切れ
を駆使して先団に迫ってきた。
 

ラスト100で勝負あり!!グラスヴィクター
根性娘の猛反撃ビービーバイラだ





  直線先頭に躍り出たグラスヴィクター。本来の強さという点では物足りなさを感じた
ものの、それでも内容は文句のない横綱相撲。ビービーバイラに1馬身差まで詰め寄
られたが、競走能力の違いをまざまざとアピールして福山で通算10勝目をマーク。次
回はファイナルグランプリ挑戦となるが、福山の切り札として高知グランシュヴァリエに
ひとアワ吹かせてほしいものだ。
グラスヴィクターの次走はファイナルグランプリ
3/19・若草賞 クーヨシンで逆転戴冠狙う佐原秀泰




 別次元のパワーで完勝したグラスヴィクター。コロネット、シルクプレストのスピードを地
力で封じ込んだ実力は本物。ゲートの一完歩の甘さも、佐原騎手が巧みに捌いてVを引
き寄せた。人気のプレッシャーにも全く動じなかった佐原騎手の沈着冷静なプレーが光っ
た。1週間後に迫った「第10回若草賞」で佐原騎手はクーヨシンでどんなドラマを演じて
くれるのか…。

「血量ダウンもさすがの根性」高本正きゅう務員
まだまだパワー健在!!ビービーバイラ


 「血量が下がっていたのに、よく動いた」とビービーバイラの高本正きゅう務員は感心
しきり。苦手の外枠でなかったことも好走の要因か。昨今は力の衰えが顕著に現れて
いたビービーバイラだが、とにかく外枠でなければ力を出せるタイプ。まだまだ捨てたも
んじゃない。


毛づやアップが今後の課題
レコード王子シルクプレスト「無念3着」


  かつてのスピードが影をひそめつつあるシルクプレストだが、二枚腰で3着を確保。
まだ毛づやが平凡でスランプから脱せないシルクプレストだが、さすがに潜在能力その
ものは確か。暖かくなって毛づやが上向けば、もうひと花咲かせるのは可能なはずだ。

 
 



 短期移籍ジョッキーとして11戦目で魅せた山崎雅由。ヒカルコンコルドでロケットス
タートを決め、道中しっかりと脚をタメた山崎騎手が会心の逃げで瀬戸内初勝利を決め
た。「前走初めて騎乗したのですが、馬ゴミに入ると気分を損ねて力を出せなかった。
今回はゲートも決まったし、スムーズに先行できたことが勝因です」と山崎騎手が満面
の笑みでレースを振り返る。これで気持ちが吹っ切れたはずの山崎騎手。勝ち星をどこ
まで積み重ねるか、20歳のファイトあふれる騎乗ぶりがみものだ。


10R 福山で3戦土つかず!!ミライポケット
 注目の快速ナリタキングロード初戦2着


10レースにはディープインパクトの仔で注目の快速ナリタキングロードが瀬戸内
デビュー。その快速ぶりが注目されたが、スタートで後手を踏む最悪のパターン。
二の脚で盛り返したが、ゲートが致命傷となり、初陣はホロ苦い2着に終わった。
レースは転入から2連勝のミライポケットが直線凄まじい脚を披露して3連勝マー
ク。上がり3ハロンの脚に威力を秘めるミライポケット。オープンの秘密兵器として
期待される。

 

水曜にプサンへと旅立った楢崎功祐!!来週より騎乗
プサンへ同行した西田茂弘アナのお土産がこれだ!!
 プサンに渡った楢崎功祐は来週(金曜)にもプサンで騎乗予定でその活躍が楽しみ。ちなみに楢崎騎手とプサンへ同行した西田茂弘アナ。「学生の頃、研修でプサンへ行ったことがありますが、当時は下関から船で完全に酔ってしまいました。船はコリゴリです。今回は福岡から飛行機で…。35分ほどでプサンに到着です。プサンは日本でいえば大阪といった感じですね。実にいいですよ。ネーちゃんも綺麗だし…」と私に元気をつけてもらおうと朝鮮人参のドリンクを私にプレゼントしてくれた。これって効き過ぎるんじゃないの?飲んだらかなり効いて活力が湧いてきた。今春から
福山エースの紙面に登場する西田シゲちゃん。どんな記事を書いてくれるのか、ファンの皆様もお楽しみに…。