5/6  10R   C1−選抜   1600    晴れ・良

  アメリゴ 419 +2 岡田 祥嗣 1.48.5 人気8
ウインアプローチ 420 +1 片桐 正雪 半馬身 人気4
コスモサジン 444 +1 岡崎 準 同着 人気3
オオトリフクムスメ 434 +4 池田 敏樹 アタマ 人気1
インテレス 437  0 三村 展久 4/3 人気2
× パウロ 448 −3 嬉  勝則 4馬身 人気5
  ゼアグート 472 −3 藤本 三郎 クビ 人気7
  ビューオペラ 411  0 渡辺 博文 大差 人気6
  ハイドライド 475 −9 松井 伸也 3馬身 人気9

馬連 2−6 3720 6−9 1230 馬単 6−2 8520 6−9 5630 3連単6−2−9 33760
                                                  6−9−2 29370
S 前  1 7 2 8 6 3 9 5 4
3 角  1 2 9 6 4 3 8 5 7
4 角  1 2 6 9 4 5 3 8 7

マイペースに持ち込むインテレス
インから果敢に攻めるウインアプローチ





 私の父、突然の死去で2日から愛知県の知多に大慌てで駆けつけた。告別式も
なんとか無事に終わり、ホッとひと息。晩年は病弱だった父だが、幾度の危機を乗
り越えてきたが、今回ばかりは…。天国で安らかに眠ってほしい。今週は無理か
と思っていたホームページのアップですが、予定より一日、早く帰ることができた
のでがんばります。早いもので、もう鯛網の季節がやってきた。今年の鯛網カップ
は実力伯仲で大激戦の様相。私は距離がマイルで大外枠を引き当てたコスモサジ
ンに本命。V条件が揃って岡崎騎手が鯛をゲットすると確信していた。そのコスモサ
ジン、いつもよりはスムーズなゲートで逃げを打ったインテレスに5馬身弱という射程
圏内。スタートから手応えもよく、豪快に勝ち切るという自信が深まった。ウインアプ
ローチの片桐騎手は積極果敢に攻めて3番手のイン。アメリゴもインに潜り込み、そ
の外からビューオペラという流れ。人気のオオトリフクムスメは出負けしてしんがり待
機という思わぬ展開となったが、先頭から6馬身差。距離を考えれば十分届くか。池
田騎手がどこでスパートを開始するのか…。


馬場の外から一気に迫る岡崎コスモサジン
インからスルスルとアプローチ、アメリゴが…



 激戦メンバーにふさわしく、向正から3コーナーにかけて激しい攻防となった。いち早く
動いた岡崎コスモサジンが馬場の外から一気強襲の構え。その内にコスモサジン、
アメリゴの岡田騎手も手ごたえを残し、イン狙いに徹する。オオトリフクムスメもようやくエ
ンジン全開。いずれも前5頭の争いとなった。
横一線のデッドヒートでスタンド騒然
一旦抜け出した片桐ウインアプローチだが…



 逃げてしぶとく食い下がっていたインテレスだが、さすがにマイルは長かった。
ゴール前では脚がバッタリ止まり、馬群の中からウインアプローチが一気に抜け
出す。その外からアメリゴ、そして馬場の大外を凄まじい勢いで岡崎コスモサジ
ンも強襲だ。ラスト50bはまさに死闘。鬼気迫るデッドーヒートと化した。
豪快に馬群割った岡田祥嗣
ブービー人気に反発!!人気薄アメリゴで決めた





 岡田祥嗣、強烈なフィニッシュだった。スタートから終始インに潜り込み、脚を
しっかりと残して直線勝負に賭けた岡田アメリゴがラスト100b、パワフルな
追い込みで乱戦にケリをつけた。ここ一番、レースの流れを鋭く読んだ岡田騎
手のプレイが冴えた。岡田騎手は2レースのドリーヴァーデンに続き、きょう2
勝目をゲット。もちろん鯛も…。

勝ちに等しい岡崎コスモサジン



 レースに勝って勝負で負けた感のある岡崎騎手。明け方の雨で馬場の内が軽く
なっていたことが一気に決められなかった要因。インを突いたアメリゴに屈し、ウイ
ンアプローチと同着の2着はこの馬の能力からして不満が残るか。昨日の馬場だ
ったら結果は大きく変わっていたか。それでもコスモサジン、マイル適正をハッキリ
と証明した一戦だ。
好位のイン狙いが奏功ウインアプローチ



 好位のインという最高の乗り方でアメリゴに屈した片桐ウインアプローチだが、
馬の能力は完全燃焼できた。あと一歩というところで鯛を逃した片桐騎手の無念
さがひしひしと伝わってくるようだ。