13歳になってもひたむきに走り続けるモナクカバキチは日本列島
に勇気と希望を与えるが、カバキチに勝るとも劣らないスーパータフ
ネスな4歳馬サカジロキンセイがきょう、2レースに出走。な、なんと4
月に東海から転入して以来、今回が10週連続出走という新記録?
を打ち立てた。新記録?と表現したのは果たして過去に10週連続
の馬がいたかどうか調べないと「新記録」と断言できないが、私の記
憶の中にそんな馬は存在しない。丈夫で長持ち(貧乏暇なし)だけ
取り得の私、樋本デスクも脱帽するがんばり屋のサカジロキンセイく
ん。レース前の装鞍所でもやる気満々。連続出走回数をどこまで伸
ばすのか、瀬戸内の星飛雄馬、君は凄い。

パドックでもバイタリティーにあふれ…


 10週連続出走もなんの!!といわんばかりにサカジロキンセイくんは
元気ハツラツ。気合を全面に出し、パドックを気持ちよさそうに周回
するキンセイくん。これまで9戦未勝利だが、きょうはどんなタフネス
な走りを演じてくれるのか。

出脚つかず、しんがりから追走


 スタートは上々だったが、二の脚がつかないキンセイくん。しんがり
追走は計算外だったか。それでも懸命の力走で2角からは5番手ま
で進出。3角過ぎにひと脚みせたが、ラスト300で行き脚が鈍り…。

全力は出し切ったサカジロキンセイ




 奮闘むなくしく5着に終わったサカジロキンセイくんだが、掲示板に
載っただけでも立派というべきか。顔を泥だらけにしながら、全力で闘
ったキンセイくん。きゅう務員の大石さんも「10週連続だったけど、そ
んなに疲れた様子はない。とにかく根性の塊。抽選休みにならない
限りは出走し続ける。これからも愛情を持って仕上げていきたい」と
熱っぽい口調で語った大石さん。走るために生まれてきたがんばり
屋のサカジロキンセイくんに大拍手!!






6/17  9R   3歳−1組   1600    晴れ・重

ガルチデフィート 443 −3 岡崎 準 1.45.7 人気1
トーヨーマックス

462 −5

周藤 直樹 6馬身 人気5
10 マスターウィッシュ 475 +3 三村 展久 1馬身 人気2
モリトリジョイス 416 −6 池田 敏樹 2馬身 人気6
× アポロエトワール 437 −5 山田 祥雄 2馬身半 人気7
  エイシンホース 425 +5 渡辺 博文 3馬身 人気8
  ビリーヴユウ 432 −1 松井 伸也 クビ 人気10
  ウィッシュガバナー 431 −6 内田 利雄 4馬身 人気4
  リワードプレンダ 425  0 黒川 知弘 2馬身半 人気9
  マルサンフレッツ 425 +7 岡田 祥嗣 8馬身 人気5

馬連 2−3 600 馬単 2−3 890 3連単2−3−10 2140 
S 前  2 3 9 10 7 8 5 4 6 1
3 角  2 3 10 5 9 8 4 6 7 1
4 角  2 3 10 5−4 8 6 1 9 7
 
ゲート出負けも強引にハナ奪う岡崎
ガルチデフィートがアドバンテージ




 昨年の5月から韓ドラを観続けて1年が過ぎた。一昨日に観終わった
「赤と黒(悪い男)」もドラマの中盤くらいから面白くなった。昨夜はゲオ
で借りてきた「雲の上の階段」を2話観たが、これもなかなか。どうやら
今週も寝不足になりそうだ。さて、きょうのメイン。人気は大器になり得
る可能性を秘めるガルチデフィートだが、とにかく砂を被ると頭を上げ
て極端に闘争心を失う性格の馬。2番枠だと前走同様に取りこぼしの
危険性が…。スタートの甘いガルチデフィートだけに2番枠は最悪と思
われ、案の定ゲートで立ち遅れるなど、一瞬ヒヤリ。が、砂だけは被る
まいと岡崎騎手が押して押して逃げ作戦。なんとかハナを制したガル
チデフィート。ハナに立つか、砂を被らず行ければ文句なしの強さを誇
るガルチデフィートだけにハナに立った時点でレースはすでに決してい
た。気分よくスピードに乗るガルチデフィートはトーヨーマックスをしたが
え、威風堂々の逃げだ。人気の一角を担った三村マスターウィッシュ
は逃げるガルチデフィートをターゲットに早め4番手の追走。道中、どこ
までガルチデフィートを追い詰めることができるのか。
3角から引き離しにかかるガルチデフィート




 砂を被らなければスピード乗り乗りのガルチデフィート。 3コーナーからは一気に
後続を引き離し、どこまでぶっちぎるのかがレースの焦点となった。2番手で食い
下がるトーヨーマックスに外からモリトリジョイス、マスターウィッシュも強烈な勢い
で迫り、2着争いは大混戦と化した。

直線は持ったまま!!岡崎準が余裕
スピードで他馬をほんろうガルチデフィート







 その強さはケタ違いだった。前走は砂をモロに被って不完全燃焼に終わった
ガルチデフイートだが、スムーズに走ればかなりの潜在能力。均整の取れた
馬体で競走センス抜群のガルチデフィート。岡崎騎手も「この馬の場合は砂を
被らず行けるかどうかだけ。ゲートは遅れたが、流れに乗れた。会心の一番だ
ったし、将来性も十分」と絶賛の岡崎騎手だった。


よく耐えた周藤直樹トーヨーマックス


 ガルチデフィートには速さ負け、迫力負けしたが、2番手からしぶとさを存分に発揮
してトーヨーマックスが2着を死守。前走はパドックからイレ込みが激しく人気を裏切
ったが、きょうは馬そのものがかなり落ち着いていた。仮に逃げていればガルチデフ
ィートを苦しめていたかもしれないが…。
井上オークスさんが突然福山けいばへ…
いつでもアクティブなオークスさん



 場内でバッタリ、井上オークスさんと顔が合い、私もビックリ。何の前触れもなく、
福山競馬へやってきたオークスさん。愛媛の実家に帰ったあと、ブラリ福山競馬へ
寄ってみたくなったとか…。バッタリ会った時には韓ドラの女優がキャンペーンに
来たのかと思ったが、よく見ればオークスさんだった。いつ見ても若さがはち切れ
ている。会うたびに若返るオークスさん。気持ちが若いせいかな…。女勝負師と
しても鳴らすオークスさん、メインの3連単をバッチリとゲット。さすが!! きょうはコ
スチュームもバッチリと決まっていた。京都へ帰る途中、どこかで女優にスカウト
されないかと私、樋本デスクは心配だ。ずっと競馬ライターでいてほしいオークス
さん、女優だけはNGですよ。