先週から実施予定だった企業広告の勝負服スボンの着用が雨で1週間延びたが、
今週からいよいよスタート。丸源ラーメン「神辺店」が先陣を切り、なんと広告スボンを
着用した1レースの嬉騎手、2レースのミスターピンク内田騎手、(池田騎手2着)、3
レースの池田騎手がすべて勝利するという縁起のいいスタート。さらに4レースも宣伝
効果抜群とばかりに広告スボンを着用したふたり、嬉騎手、内田騎手がワンツーフィ
ニッシュを演じるなど、4レースまでパーフェクトというからビックリ。幸運をもたらす企業
広告勝負服ズボン。あたなの会社も是非…。







6/22  10R   A1   1600    晴れ・稍重

ストロングジョイス 456 +5 内田 利雄 1.47.6 人気4
  ユーガットテースト

474 −2

黒川 知弘 1馬身 人気9
  ファイトオングラス 454 −1 岡崎  準 1馬身半 人気10
× イマカツタイガー 484 −5 渡辺 博文 クビ 人気7
  イサミチェリー 463 −4 嬉  勝則 2馬身 人気5
  ナリタブラック 508 +5 岡田 祥嗣 アタマ 人気6
10 グラスヴィクター 470 +3 佐原 秀泰 アタマ 人気1
ロッキーダイヤ 475 +7 池田 敏樹 1馬身 人気3
シルクプレスト 503 −5 野田  誠 1馬身半 人気2
ミラクルタイザン 470  0 藤本 三郎 6馬身 人気8

馬連 4−6 36760 馬単 4−6 76220 3連単 4−6−2 1979690
S 前  8 9 10 5 7 4 1 3 2 6
3 角  8 9 10 7 4 5 3 1 6 2
4 角  8 9 4 10 7 3 6 5 1 2
 
 
思わぬハイペースで波乱の予感が…
プレストに喧嘩を売ったロッキー




 昨日、エフエムふくやまの人気番組「イブニングステーション」内の毎週金曜
(18時28分すぎ)にオンエアされている「行こうよ!福山けいば」の放送をお聴
きになったファンも多いと思われるが、ミスターピンクこと、内田利雄が福山で
初のコンサートを行う。日時は7月15日でレース終了後の18時30分からを
予定している。ピンクの愉快な仲間「ひまわる」がピンクのバンドとして福山を
訪れる。いまから楽しみなピンクのミニライヴ。当日はお越しいただいたファン
の皆様へ素敵なプレゼントも用意しており、ピンクの華麗な歌声をご堪能くださ
い。沢山のご来場、お待ちしています。さて、きょうのメインは初夏恒例の仙酔
島特別。レコード王子、シルクプレストが主戦の野田を鞍上に絶対スピードで押
し切るか。 スムーズな逃げに持ち込むと予想していたが、押して押して逃げに
こだわったシルクプレスト相手に三村のロッキーダイヤが徹底マークでスタート
からかなり速いペース。前の2頭に仕掛け気味でグラスヴィクターが追走する形。
シルクプレストはロッキーダイヤの執拗なマークに息を抜けない思わぬ流れ。き
ょうは逃げ馬受難の馬場。中団以下、どの馬にもチャンスはありそうだ。


3角からさらにペースが急激に上がる
勝負どころからストロングジョイスが急浮上







 ハイペースの逃げを打たざるを得なくなったシルクプレストにロッキーダイヤが馬体を
合わせにかかり、勝負つどころの三分三厘からはレースが一段とヒートアップ。前2頭
が一旦は後続に3馬身近いリードを広げたが、完全なる乱ペース。3番手の絶好位を
キープしていたグラスヴィクターですら、4角手前で脚が上がるほどのハイペース。この
流れにほくそ笑んだのが後続の各馬だ。中団のインからスルスルとミスターピンクの
ストロングジョイスが、そして外からイマカツタイガーも先団へ急接近。直線1ハロン、
どんな結末が待ち受けているのか…。
直線一気に抜けたミスターピンク
「ヨッシャ!!」内田利雄ストロングジョイス猛爆






 3角過ぎから1頭だけ脚色が違ったストロングジョイス。超ハイペースを読んでミス
ターピンクは道中じっくり構えていた。そして終い3ハロンに賭けた頭脳プレーでスト
ロングジョイスを勝利へと導いた。直線半ばでは完全に抜け出し、ゴール前では「よ
っしゃ!!」とピンクにしてはめずらしいひと言が飛び出した。ストロングジョイスが中団
差しに回ってこれだけの脚を使った記憶がない。すべてミスターピンク魔術、そのひ
と言でいい表せた仙酔島特別だ。2着にユーガットテースト、3着には最低人気のフ
ァイトオングラスが入り、3連単は200万近い超ビッグな配当となった。
きょう3勝で福山通算「8勝」ゲット
あすもV候補が目白押しのMr・ピンク




 昨日のラジオ放送で「5勝は堅い」とぶちまけた私だが、それが現実味を帯びてきた。
それでもストロングジョイスが差し競馬を強いられて鮮やかに勝つとは誰が想像しただ
ろうか。さすがピンク、世界のピンク。ラジオ出演でモチベーションが上がったピンクは
あすもスーパーテクニックでスタンドを魅了しそうなムードだ。


2R ミスターピンク内田利雄さっそう「6勝目」
黄金逃げ!!モンゴールドでパーフェクトV


 昨日、 エフエムふくやま・イブニングステーション「行こうよ!!福山けいば」でゲスト
出演したミスターピンク内田利雄が2レースのモンゴールドで6勝目をマーク。転入
緒戦はスタートと直後に外へ斜行して不発に終わったモンゴールドだが、まともに
走ればスピードが一枚違った。放送内で「今週は5勝確実」と豪語した私、樋本デ
スク。完璧な逃げでピンクの勝負服が華麗に躍った。


8R ピンク独走!!ミライポケットで7勝目


 逃げるマルサンライナーを3コーナー過ぎから馬なりで捕らえたミスターピンクの
ミライポケットが直線もさらにボリュームアップして後続を圧倒。ミスターピンク内田
利雄は2レースのモンゴールドに続き、きょう2勝目をゲット。これでミスターピンク
は福山で通算7勝と星を伸ばした。お見事!!ピンク。
9R 佐原会心!!気迫の騎乗でゲットワンダーV2


 クラマテング、サマースピードが戦列を離れ、福山のオープン戦線は混とん。瀬戸
内最強へ名乗りとばかり、ゲットワンダーが快速モエレパーフェクトを一気に潰しにか
かり、強烈なパワーで豪快に2連勝を飾った。図太い反面、バテない強みのゲットワ
ンダー。真のチャンピオンホースへ視界は良好だ。
   ◇樋本デスクのまたにはこんな番外編◇
7R 無邪気なデカちゃん、2着を返上
ついに勝った!!愛しのガーデンクォーツ




 私、樋本デスクが個人的に応援している馬、それがガーデンクォーツだ。厩舎取材
の際はいつもガーデンクォーツの頭を撫でるのが生き甲斐となっている。無邪気で可
愛いガーデンクォーツが7レースで見事な差し切り勝ちを演じ、5戦連続続いた2着に
ピリオド。ついに勝ったガーデンクォーツ。いつも腹をすかせてカイバをきゅう務員さん
に要求するガーデンクォーツくん。夕食はきっとスペシャルデザートが待っているはず。
いつまでも元気で走ってほしいガーデンクォーツ。私にとっては最高の友だちだ。

◇6月22日 3歳能検 レース結果


◇◇6/22 能検合格の2歳血統一覧表◇◇
ゴーストドライヴ 牝・鹿 父 フサイチコンドル
 ブライトキャップ
北海道
新ひだか
(馬主)
平賀 眞吾
管理
黒川 幹生
ヒメギクーダイリン 牝・鹿 父 アドマイヤコジーン
母 フラッシードレス
北海道
新ひだか
(馬主)
小川 芳美
管理
鋤田 誠二
ブイアールラッキー 牝・鹿 父 タイムパラドツクス
母 エーシンバティー
北海道
新ひだか
(馬主)
細井戸 大成
管理
黒川 幹生

@ゴーストドライヴ
Aヒメギクーダイリン
Bブイアールラッキー

6/22  2R   2歳−能検   800    不良

  ブイアールラッキー 438 池田 敏樹 0.50.6  
  ヒメギクーダイリン

420 

三村 展久 4/3(50.7)  
  ゴーストドライヴ 442 黒川 知弘 3馬身(51.3)  

《レース展開》
向正  2 3 1
3角   2 3 1
4角   2 3 1


ゲート素早いヒメギクーダイリン



 ゲートが開くと同時に勢いよく飛び出したヒメギクーダイリン。ブイアールラッキー
も鋭い出脚で応戦。ゴーストドライヴはスタートの一完歩が甘く、二の脚もイマイチ。
スピードの乗った走法で軽快に逃げる三村ヒメギクーダイリンだ。
追って鋭い脚を見せたブイアールラッキー




 直線は3頭が馬なりでゴールをめざす。池田騎手が仕掛け気味に気合を
つけるとブイアールラッキーは反応よく、シャープな伸びでヒメギクーダイリ
ンを一気に捕らえた。力強いフォームが好印象のブイアールラッキー。余裕
残しで50秒6のタイムも合格点だ。