カバキチ「夏はオレの季節だ!!」
首をグッと下げ、絶好調アピール



  あの感動が脳裏に甦ってくる。昨年の7月24日、高知エスケープハッチ
の持つ54勝の地方競馬最多勝に肩を並べた衝撃的なV獲り。あれから
1年の歳月が流れた。昨年秋の挫折(連戦疲労)を乗り越え、今年1月30
日に13歳の不死鳥アラブは瀬戸内の砂上に帰ってきた。リーチから数え
ること実に21戦目。カバキチは日本列島に感動を呼ぶことができるのか。
中年の星はひたすら走り続ける。

ファンもカバキチ不滅の大記録へ熱き想い
鞍上は51歳「岡崎準」闘いを挑む中年の星コンビ





 祈るような想いでパドックに陣取る「カバキチ信者」。ファンの熱い声
援に闘志を奮い立たせるように首をグッと下げ、絶好調をアピールする
カバキチ。快挙達成の予感がひしひしと伝わってくる。 そして鞍上は
51歳のエンドレスファイター、岡崎準。中年の星コンビはどんなドラマ
を演じてくれるのか。

スタート上々!!好位のインを食らいつく
カバキチ絶好パターンで快挙へ大きく前進




 ここ4,5戦はゲート出負けで好位マークに無理脚を要求されたカバキチ
だが、きょうはスタートミスもなく、ゲート直後に3番手という絶好の流れ。
反応のいい行きっ振りで2番人気のアイディンミラクルの内をしぶとく併走。
3走前に苦杯を喫したハニーポケットとは約2馬身。馬場悪化がマイナス
要因だが、きょうはシャープな脚捌きで闘争心も旺盛だ。スタンドは異様に
も静まり返り、緊迫したなムードに包まれている。ファンの視線はただ1頭、
赤いメンコにブルーの帽子だ。

3角手前からいつも失速…
終い1ハロンに賭けるカバキチ




 カバキチにとって向正から3角にかけては鬼門。勝負どころでアイディンミラクル
に2馬身近く引き離され、逃げるハニーポケットには3馬身のビハインドを余儀なく
されたカバキチ。それでもまだまだ手応えは十分で反撃可能なカバキチの行きっ
振り。直線1ハロンではパワーが再燃するカバキチ。4角で2馬身以内なら…。静
まりかえっていたスタンドがカバキチの失速にどよめいたが、カバキチはけっして
最後まであきらめない。

3角からインを突き猛追するカバキチ
渾身の手綱で前2頭を追う岡崎準




 4コーナー手前で逃げるハニーポケットを一気に捕らえたアイディンミラクル。ハニーポ
ケットはすでに耐え切るだけの体力は残されていなかった。3コーナーからインを突いて
再びエンジン全開のカバキチ。そのカバキチの外からガーデンクォーツもピッチを上げて
追撃だ。直線先頭に躍り出たアイディンミラクル。ラスト70bではカバキチに2馬身の差
をつけてVゴールへ突き進むアイディンミラクル。またしても2着に終わるのかカバキチ。
スタンドは絶望的な空気に包まれたのだが…。

まさに神かがり的なラスト50
6秒の奇跡!!カバキチの逆転ドラマ





 どんな天才脚本家でも、どんな名監督でもこれだけのシナリオ、演出は創り得ない。
ラスト50b、7秒にも満たない想像を絶する大逆転ドラマ。アイディンミラクルの巨体を
捕らえかけた瞬間、スタンドからは「カバキチ!!カバキチ!!」の地鳴りのような大歓声が激
しくこだました。悲劇のヒーローが土壇場で演じた劇的なフィッニッシュだ。
デビューか
ら通算55勝。11年にわたり築き上げてきた栄光の架け橋。感動のドラマをありがとう、
勇気と希望を乗せたアラブ13歳、奇跡の申し子はひたすら走り続ける。

大興奮!!白一色のスタンド
中年の星コンビに嵐の大拍手





 すぐさまウィナーズサークルに引き揚げてきた岡崎騎手。ウイニングランを期待し
たスタンドのファンにとっては拍子抜けの形となったが、岡崎騎手はファンの待つ
スタンドへ…。割れんばかりの大歓声。福山のファン、全国のファンがこの日を待ち
わびていた。わくわくビジョンに映し出されるカバキチ日本一の映像。それは感動の
瞬間だった。

オーナーの綾目康治さんも感慨深げ
気になる現役続行だが…




 汗ダクダクでテレビ取材に応じる岡崎準。「直線、よく反応してくれた。13歳だというのに
たいしたもの。僕自身も勇気が湧いてきました」とカバキチの労をねぎらう51歳だ。



 報道陣の質問攻めに嬉しい悲鳴のオーナー、綾目康治さん。「今後も現役続行?」
の問いかけにどう答えたのか、私の耳には聞こえなかったが、できれば体力の続く限
りカバキチの勇姿を見たいのがファンの本音だろう。



@マサタケローズ
Aレッドリーブス
Bヒメギクーダイリン
Cカリーナカリーナ
Dムツミマイネル
Eゴーストドライヴ
Fイワミノキズナ
Gブレーヴエルザ


6/30  3R   2歳−新馬   800    曇り・重

イワミノキズナ 460  岡田 祥嗣 0.48.1 人気2
ブレーヴエルザ

454 

岡崎  準 8馬身 人気1
× ムツミマイネル 計不  池田 敏樹 半馬身 人気5
マサタケローズ 470  内田 利雄 4馬身 人気3
  カリーナカリーナ 430  野田  誠 5馬身 人気7
  レッドリーブス 484  佐原 秀泰 1馬身半 人気8
ヒメギクーダイリン 411  三村 展久 4/3 人気4
  ゴーストドライヴ 429  黒川 知弘 1馬身 人気6

抜群のゲート!!イワミノキズナ
出脚鋭いムツミマイネル

 
 ゲートに課題を残していたムツミマイネル、イワミノキズナがトップスタート。
枠順の差でムツミマイネルがハナを制したが、岡田鞍上のイワミノキズナは
スタートから押して押して絶対に新馬戦は勝ち切ると岡田騎手が言わんばか
りの迫力で飛ばしに飛ばす。岡崎絶賛のブレーヴエルザは意外に出脚がつ
かず、3番手どまり。それでも向正からはピッチを上げて前2頭に急接近だ。
直線独走!!カイロスを凌ぐ器
8馬身ぶっちぎりで大物証明イワミノキズナ






 4角では一旦、岡崎ブレーヴエルザに並びかけられたイワミノキズナだが、
岡田騎手がひと気合つけるとイワミノキズナは一気に加速してラスト100b
ではブレーヴエルザ相手にその差をみるみるうちに広げて行く。フィニッシュ
は威風堂々の8馬身。およそスケールが違った。大きなストライドで大物ぶ
りを証明したイワミノキズナ。3週間前に噂のベールを脱いだカイロスとの
対決が楽しみになってきた。
岡崎ショック!!痛恨の8馬身
それでもブレーヴエルザ将来性は雄大




 直線独走を許し、3角で手応えが怪しくなったムツミマイネルにも脅かされた
1番人気ブレーヴエルザ。結果8馬身完敗に岡崎騎手もショックは隠せなかっ
たが、タイプ的に平均ペース型で距離が延びれば一変か。馬体センスがよく、
先々の楽しみは十二分だ。




7/14  10R  3歳−3組   1250    曇り・重

ブイアールヒーロー 405 +5 岡崎 準 1.22.9 人気2
グランキュヴェ

423 −3

三村 展久 2馬身 人気1
10 ハヤブサフォルテ 490 −1 野田  誠 1馬身 人気5
× ガラージュ 392 −6 池田 敏樹 ハナ 人気8
マルサンマイラヴ 451 −6 岡田 祥嗣 アタマ 人気4
キュレム 432  0 遠藤 健太 アタマ 人気3
  キタノホマレチャン 407 −5 藤本 三郎 3馬身 人気6
  ホープフルレディ 401 −8 周藤 直樹 半馬身 人気10
  ガンバニホン 416 +5 黒川 知弘 半馬身 人気8
  ストロングシャトル 419 +8 内田 利雄 1馬身 人気6

 
岡崎ブイアールヒーロー逃げ会心




 きょうはモナクカバキチ、そして2歳新馬「ルーキーシリーズ第2戦」のアップで
大忙し。したがってメインは省略してお伝えすることをあらかじめ御了承下さい。
絶好枠から勢いよく飛び出した岡崎のブイアールヒーロー。2番手にマルサンマ
イラヴをしたがえ、ケチのつけられない逃げ切りでグランキュヴェ以下に2馬身の
横綱相撲。ダービーで果敢に先行したスピードはさすがに一枚上だった。