倉兼の豪腕!!メイショウアサギリ直線強襲

7/29  9R B3(一)      1600    良 

メイショウアサギリ 434 −5 倉兼 育康 1.47.9 人気3
ナイスバンカー 442  0 佐原 秀泰 1馬身半 人気2
ブルズアイ 471  0 三村 展久 クビ 人気1
マルサンスパイス 406 +2 松井 伸也 2馬身 人気5
× ノボチャン 437 +3 池田 敏樹 1馬身 人気4
  フジエスウィッシュ 489 +3 藤本 三郎 4馬身 人気9
  オースミユニバース 467 +1 寺地 誠一 6馬身 人気9
10   イルドレ 459 −4 周藤 直樹 半馬身 人気7
  ベビーワンダー 390 −4 黒川 知弘 2馬身 人気8
マイネフロンティア 482 −4 岡田 祥嗣 3馬身 人気6

馬連 1−9 1750 馬単 9−1 4100 3連単9−1−2 6460
S 前 4 5 7 10 1 9 6 8 2 3
3 角 4 7 1 9 2 10 5 8 6 3
4 角 4 7 9 1 2 10 8 5 3 6


痛恨のゲート立ち遅れブルズアイ
スローでペースを作るマルサンスパイス


 



 きょうも朝からうだるような暑さ。2年前の猛暑に匹敵するほどの暑さ。今週、先週の
土曜が1000人弱の入場者。異常に暑いこともあるが、ファンを受け入れる設備が貧
困すぎる福山競馬の現状では今後、ますます本場のファン離れが進みそうだ。「涼し
くて快適なのは従業員だけ。どきどきルームも閉鎖しているし、ゴール前の旧特別観
覧席はかなり前に閉鎖。とてもじゃないが、競馬場へ足を運ぶ気になれない」とファン
から怒りのメールが…。経費削減のみで投資なき福山競馬の体力はすでに限界まで
近づいている。悲しい現実に心が傷むばかりだ。メインは海水浴特別。人気の中心
は園田で3連勝の実績を誇るブルズアイ。B3からのスタートなら能力的に取りこぼし
は許されない。ところがそのブルズアイ、まさかのゲート立ち遅れでブービー位置とい
う試練に立たされた。スタンド前では逃げるマルサンスパイスから10馬身近いビハイ
ンド。力でどこまで追い上げることができるのか。

向正から馬場の大外一気にブルズアイが…
グラスブラストが4角手前でパワー爆発





 それでもブルズアイは園田で3連勝の実力を向正から発揮。馬場の大外を突いて
先団に急接近。先頭に2馬身近くまで迫ってきた。逃げるマルサンスパイスに襲い
かかるノボチャン、メイショウアサギリはノボチャンの外に重なっていたため写真に
は映っていないが、脚色は断然メイショウアサギリだ。残る1ハロン、圧倒的人気
のブルズアイは逆襲することができるのだろうか。

直線強烈なひと伸びメイショウアサギリ
ブルズアイ強襲もゲートミスが響き…






 
直線半ばからメイショウアサギリが一気に抜けた。ラスト100bの脚はとにかく
凄まじいの一語に尽きた。倉兼騎手が中団からしっかり脚を残し、上がり2ハロン
にすべてを賭けた作戦が功を奏した。倉兼騎手は昨日、きょうと大活躍。名手を
得てメイショウアサギリが息を吹き返した一戦だ。担当の那俄性一也くんも「よく
て3着くらいかと思ってたけど、きょうは興奮した。神様、仏様、倉兼さまです」と
倉兼の豪腕ぶりに舌を巻いた。

しぶとい末脚で2着奮闘!!ナイスバンカー


 メイショウアサギリには完膚なきまでの敗北を余儀なくされたナイスバンカーだが、
ラスト1ハロンはしぶといレース巧者ぶりを発揮。牝馬ながら暑さに弱いナイスバンカー。
この時期をどう乗り切るかが今後の課題となるが…。

敗れて強し!!次走に期待ブルズアイ


 泣くに泣けないゲートでの出負け。それでも向正からの凄みある脚は際立っていた。
まともに出ていればやはりアッサリ勝ち切っていたか。瞬発力に優れた3歳の実力派
ブルズアイ。スタートさえまともなら次走は楽勝のムードが漂っている。



1R 高知の秘密兵器サバイヴァゲン



 
 タハラタイシンの逃げも三分三厘までだった。2番手マークから飢えた野獣のごとく
タハラタイシンに襲いかかったのは高知サバイヴアゲンだ。ラスト50bでは岡田騎手
が後ろを振り向くほどの余裕。福山初見参だったサバイヴアゲンが規格外の強さで他
馬を蹴散らした。560`を超す巨体の持ち主でスピードにプラス、破壊力を兼ね備え
た高知期待の秘密兵器。これからどけだけ強さを増すのか、可能性は無限大だ。

3R 二枚腰が光った高知グリモワール


 
スタートからハイレベルの攻防。絶好枠からハナを制したグリモワールに、ニューデ
ィケイドが宣戦布告とばかりにグリモワールを徹底マーク。直線ではニューディケイド
を完全に捕らえたかに見えたが、グリモワールもさすがにしぶとい。体勢はニューディ
ケイドだったが、ゴール前のひと伸びでグリモワールが差し返し、資質の高さをみせ
つけた。いずれにしても高知強し!!
4R 苦しみながらも高知ゲインが横綱相撲


 高知ゲインが意外にも出脚がつかず、4番手からの追走。ヴィンソンマシーフは競
りかけてくる馬も見当たらず、スムーズな逃げを打つ。マリンザスターズはスタートから
押し気味で余裕のない追走だ。楽勝ムードだったゲインだが、エンジンが加速するま
でに手間取り、ヴィソクマシーフにとってはかなり楽な展開。それでも直線ではパワー
の違いをまざまざとみせつけ、ゲインがラスト100は倉兼騎手が押さえたままでVゴー
ル。前評判どおりの強さではなかったが、キッチリ勝つあたりがさすが。
6R しぶとさ発揮の高知マルサンザクラ


 人気を背負った高知シーノヴァリスがゲート直後に躓き、最悪の流れ。グランキュヴェ
がペースを作り、フレアリングダリア、そして高知マルサンザクラが好位を追走。シーノヴ
ァリスは逃げる競馬でなければ味の出ないタイプで追走に窮々。マルサンザクラは黒
潮皐月賞4着だけあってパワーは抜群。逃げ込みを図るグランキュヴェをラスト100で
軽々と捕らえてその実力をまざまざとアピール。
7R 躓く不利もなんの!!パワー魅せたクロクモ


 福山チャンピオンシップでも1番人気に支持されたクロクモが断然人気の支持を受け
たが、そのクロクモ、ゲート直後に躓く不利でなんとしんがりからの競馬を余儀された。
それでもさすがに高知期待の3歳は2角からピッチを上げて追い上げ、三分三厘では
射程圏内に取り付き、マスターウィッシュと直線激しい叩き合いの末、苦しみながらも
その実力を誇示。強さは本物だ。
8R 遠藤健太がモンゴールドで2勝目ゲット


 昨日の5Rホライズンで嬉しい初勝利をゲットした遠藤健太騎手がモンゴールドで2
勝目をマーク。スタートからスローに持ち込んだ遠藤騎手はモンゴールドをスムーズ
に走らせ、実にシャープな逃げ。3コーナーから岡田ラガーフォーラムが激しく追い
上げを開始したものの、完全な上がりの競馬で直線を向いても脚が衰えなかった。
人気のホッカイキコチャン、ラガーフォーラム相手に完璧な逃げで遠藤騎手が堂々
の2勝目。カーブが急で小回りの福山コースに戸惑っていた遠藤騎手だが、ようやく
エンジン全開だ。