スーパージョッキーズトライアル2012壮行会



 6レース終了後に行われた「スーパージョッキーズトライアル2012」の壮行会。
福山から2騎手が出場するとあって盛り上がりが違った。リーディングジョッキーを
独走する三村展久、瀬戸内のアーティスト岡田が10月5日、大井の第1ステージ
でどんなパフォーマンスを魅せてくれるのか、黄金コンビの華麗な手綱捌きに熱視
線だ。




 
乱ペースでウーシエンダー稲妻差し披露

9/23  9R   B2    1250    良 

  ウーシエンダー 489  0 山田 祥雄 1.21.8 人気7
スカイサーファー 477 +13 池田 敏樹 2馬身 人気4
キャニオンサクセス 448 −3 三村 展久 1馬身半 人気2
  リワードシオン 451 +4 黒川 知弘 半馬身 人気5
  フェザーズビーン 447  0 松井 伸也 半馬身 人気9
グランプリワイルド 472 −2 渡辺 博文 ハナ 人気1
モンゴールド 465 +2 岡崎  準 クビ 人気3
  マルサンラヴィータ 432 −6 岡田 祥嗣 1馬身 人気8
10   グラスレジェンド 507 −2 野田  誠 1馬身半 人気10
ユメミルチカラ 430 +4 嬉  勝則 2馬身 人気6

馬連 5−6 23410 馬単 6−5 30250 3連単 6−5−3 237380
S 前  2 3 7 9 8 1 5 6 4 10
3 角  2 3 7 8 9 5 1 6 4 10
4 角  3 7 8 5 6 2 9 1 4 10

果敢な逃げを演じるユメミルチカラ
三村徹底マーク!!キャニオンサクセス



       田中純騎手
 昨日は多くのファンから「足の具合は大丈夫」と声をかけられた。私のコラム、そしてホームページで知ったファンから励ましの言葉に感激しきり。私のメールにも「週末はホームページを楽しみにしているので、ケガでアップできてなくて淋しい思いをしました」と愛知県、静岡のあるファンから…。昨日、歩きすぎてきょうはちょっと足は痛むが、大丈夫。痛みのピークがすぎ、これからどしどし面白い記事をアップしたいと思います。ただきょうはこれといって話題がなのが残念ですが、来週から元荒尾で活躍した田中純騎手が12月末まで短期移籍ジョッキーとして手綱を取ります。引退を撤回してのジョッキー復活。福山でどんな騎乗を演じてくれるのか、来週からが楽しみです。きょうのメインは福山てんま屋賞。B級の大将格グランプリワイルドに、3歳の快速牝馬モンゴールド、成長著しいキャ ニオンサクセスがどう立ち向かうか…。レースはスタートから熾烈をきわめた。ユメミルチカラの逃げに三村のキャニオンサクセスが息をつかせぬほどの徹底マーク。前2頭の激しい競り合いに絡んで行くかのようにモンゴールド、マルサンラヴィータが好位を追走。その直後にグランプリワイルド、フェザーズビーンと続く展開。前が忙しく、にわかに荒れ模様。

猛然と勝ちに行った三村キャニオン
オーバーペース
で後続にチャンスが…




 
3コーナーにさしかかると後続もドッと押し寄せて先行、好位グループは大激戦。中団
以下に位置していた各馬も、ここから一斉に動き出す。後続が波のように襲いかかり、
特にウーシエンダーが三分三厘から強烈な切れを繰り出し、先団へ急接近。スカイサー
ファー、リワードシオンの脚色もいい。
直線大激戦!!ラスト100で抜けた!!
山田祥雄の鬼迫ウーシエンダー怒濤差し




 キャニオンサクセスが逃げるユメミルチカラを直線で捕らえたのも一瞬だった。猛然と勝ち
に行き、オーバーペースの罠にハマったキャニオンサクセスに踏ん張り切るだけのスタミナ
は残されていなかった。モンゴールドもしかりだ。一旦はキャニオンサクセスを捕らえるほど
の勢いだったが、直線入口ではすでに脚が上がっていた。スタンドが悲鳴と化したその瞬
間、爆発的なパワーを駆使して一気に先頭へ躍り出たのがウーシエンダーだ。オーバーペ
ースの後方待機から満を持し、終い3ハロンの勝負に賭けた山田祥雄が手綱をグイグイ押
して威風堂々のVゴール直撃。ラスト2ハロン、切れに切れたスカイサーファーの追撃をもの
ともせず、ウーシエンダーが乱戦にケリをつけた。

迫力の騎乗でメインを堂々ゲット
終い3ハロン!!切れたウーシエンダー


 図太い性格のウーシエンダーを見事に捌いた山田祥雄のファインプレーがキラリと光っ
た。人気薄で気楽に乗れたこともあるが、テン乗りでは動かないウーシエンダーを気分よ
く走らせた。直線、凄みある追い方はまさにド迫力の一語。満点の騎乗だった。



乱戦に乗じてスカイサーファー2着



 乱ペースを味方に2着好走を演じたスカイサーファー。常識に掛からないタイプだが、乱
戦での強さを証明。前が忙しくなればこれだけのレースを演じて当然の実力派。いずれに
してもきょうは流れが味方した。
敗れて強しのキャニオンサクセス
メイン3着もきょう3勝の固め勝ち!!三村展久



※写真は8レースのユノミレー。ド迫力の騎乗できょう5勝目とスタンドをうならせた

結果3着でもキャニオンサクセスは勝ちに行って強く負けた。人気を裏切ったものの、こう
いう競馬はこれからに繋がる。この夏の成長ぶりを如何なくアピールしたキャニオンサクセ
ス。ただタイプ的に平均ペースで距離はマイルのほうが合いそうだ。次走、どんな競馬を
演じるのか楽しみになってきた。なお、三村騎手はきょう、1日だけで5勝というV量産。
リーディングジョッキーを独走する三村展久の勢いは止まらない。