11/10  9R   A1A2  1800    良 

  ファイトオングラス 458 +4 池田 敏樹 1.59.6 人気7
アドマイヤトリック 448 −10 岡田 祥嗣 クビ 人気1
× ユメミルチカラ 446 +16 嬉  勝則 6馬身 人気5
ブラストターブロウ 477 +6 周藤 直樹 クビ 人気4
グラスブラスト 496 +8 渡辺 博文 7馬身 人気3
  ベルモントオメガ 499 −4 黒川 知弘 2馬身半 人気8
クラシフィカドール 485 +1 岡崎  準 4/3 人気2
  ミラクルタイザン 471 −6 藤本 三郎 4/3 人気6

馬連 5−8 1710 馬単 5−8 7120 3連単 1−5−8 125700
S 前 1 3 2 7 5 8 6 4
3 角 1 3 5 2 7 8 6 4
4 角 8 1 5 3 2 6 7 4

スタートから集中力に欠けたアドマイヤトリック
クラシフィカドールも行きっ振りに精彩が…




 最近、韓国料理にハマっている。特にチヂミは美味でチヂミのタレにポン酢を加え、
ごま油を少々加えると旨さが倍増。私はそのタレの中に荒挽き唐辛子を多めに入れる
が、クセになる味だ。これからの寒い時期、体がポカポカになりますよ。一度、ご賞味
を…。メインは備後安田杯で門別から注目の4歳アドマイヤトリックが堂々見参。いき
なりパワーで圧倒しそうなムードだ。そのアドマイヤトリックだが、スタートから行き脚
がつかないというよりは馬そのものが行く気にならず、なんと6番手の位置取り。しか
も1周目スタンド前では逃げたユメミルチカラからは10馬身近く引き離されてスタンド
はア然。持ったままで軽く3番手という位置を想定していただけに、首をかしげざるを
得なかったのが本音。一方、人気を二分したクラシフィカドールはスタートが甘かった
こともあるが、4番手という思わぬ展開。にわかに波乱ムードが…。


向正から岡田の激しいステッキが…
3角からアドマイヤトリックが一気強襲




 図太いというか、闘争心欠如のアドマイヤトリックに業を煮やした岡田騎手が
激しくステッキを振るう。岡田騎手の気合注入でようやく本気を出したアドマイヤ
トリック。3角からは一瞬のうちに逃げるユメミルチカラを競り落とし、さすがのパ
ワー発揮。中団のインからチヤンスをうかがったファイトオングラスもアドマイヤト
リックに負けないほどの脚色で一気に迫る。この時点でクラシフィカドールはズ
ルズルと後退し、 完全に圏外だ。
先頭に立って遊んだ?アドマイヤトリック
池田怒濤!!ファイトオングラスの大逆襲




 4角では完全に勝ち切った内容だったアドマイヤトリックだが、先頭に立って遊んだ
のか、ファイトオングラスの猛追に四苦八苦。ゴール前で交わされてから再び反応し
たが、結果は痛恨のクビ負け。レースに勝って勝負に負けたとはこのことか。瀬戸内
での初陣を飾れなかったアドマイヤトリックだが、−10`の馬体重にレースで集中力
を欠くなど、ダブルパンチに泣いての敗北。一方、ファイトオングラスは夏負けが完全
に治まり、冬馬の本領発揮。さすがに状態さえパンとしてくれば好位づけのパワーに
威力を増す。前評判の高かったアドマイヤトリックを一蹴し、復活Vを決めた。
手綱が冴えわたる絶好調男!!池田敏樹
これからがファイトオングラスの季節だ



 単勝人気はブービーだったが、この時期に強いファイトオングラスは大駆けの怖さを
漂わせていた。「寒い時期になると行きっ振りが違うね」と担当の倉永きゅう務員もし
てやったりの表情。それにしても池田敏樹、気迫の手綱でノリノリ。目下絶好調だ。
次走で真価が問われるアドマイヤトリック
凄みある脚は本物でセンスは一級品


 瀬戸内デビューはホロ苦い2着に終わったが、向正からはさすがのパワーを示した。
馬体が回復し、馬そのものが真面目に走れば準オープンクラスでは別次元の破壊力
を秘めた大器。次走で真価が問われるが、まともなら負けるはずがない。
8R サフラン特別 (A3・BT) 1600
   白い切れ者エイユートルネード中団強襲



 中団のインから鮮やかに白いパワーが一気にさく裂。前走のうっ憤を晴らす豪快な脚で
直線怒涛のごとく抜け出したエイユートルネード、岡田だ。とにかく追い出してからの脚は
凄まじいばかり。仕掛けのタイミングもバッチリ合い、競走スケールの違いをまざまざとアピ
ールしたエイユウトルネード。着差以上の力強い勝ち方でオープン候補へ名乗りだ。


 今週5日、シャトル神辺で行われた「JBCグッズ抽選会」の写真が西田茂弘アナから
送られてきました。私、樋本デスクはメンバー発表で準備に大忙し。抽選券の配布も早
々と完売する大盛況。それもそのはず、前日の紅葉賞でキャニオンサクセスを鞍上にミ
ラクルVを演じた周藤騎手を筆頭に、瀬戸内のヨン様こと黒川騎手、そして甘いマスクの
田中純騎手と揃っては盛り上がらない方がおかしいです。もちろん西田茂弘アナの人気
も相当なものですよ。シャトル神辺は抽選会でファンが殺到し、当選したグッズにサイン
集中で大賑わい。こういったイベント、今後もどしどしやってもらいたいものですね…。




 周藤騎手、昨夜は祝勝会だったのかな?ちょっと寝不足?それでもイベントには
いつも積極的に参加してくれる周藤騎手。サービス精神旺盛です。




 田中騎手も4勝目をマークして九州男児の本領を発揮しつつあります。福山での
初イベント参加は今後の励みになることでしょう。ひとつでも多く勝ってほしいです。





「おたくが黒川さんね。主人より男前でひと目惚れしたがね」と肩を叩かれ、ニンマリ顔の
黒川騎手。若い女性から中年まで幅広い人気の黒川騎手。偽ヨン様も絶好調!!