樋本デスク、競馬記者として最後の取材
昨年8月以来の韓国へ!!いざプサン



 出国5日前に廃止決定で私はプサン行きをためらっていた。が、競馬記者として最後の仕事
をやり遂げたかったのが本音。鹿児島行きの「さくら」が私を出迎えてくれたが、心の中にある
のは廃止後の生活設計。各方面から誘いはあるが、家族を残しての単身赴任はNG。心が揺
らぐが、プサンで楢崎騎手の元気な姿を見ればきっと勇気が沸いてきそうだった。博多から福
岡空港で40分もすればプサンに着く。なんとか元気を取り戻さなければ…。

プサン の人口は360万人で大阪の規模



 プサンは私が抱いていたイメージとはまるで違った。岡山くらいの都市かと思っていたが、
なんと大都会。ソウルに負けない街の活気に驚いた。プサンは路上で至る所に露店があり、
日用雑貨から、食料品、豚の頭が店頭に並んでいるのには驚いた。とにかく安い、タクシー
の初乗り運賃が220円で、物価は福山の半分ほどだ。

地下鉄を乗り継ぎ、タクシーでプサン競馬場へ




 私が宿泊したのは「イビスアンバサダホテル」で繁華街のほぼ中心地にあり、ホテル
から出るとすぐに地下鉄が…。1号線から2号線に乗り継ぎ、7駅目で下車。そこからタ
クシーというアクセスだ。目的の7駅目に着き、そこからタクシーに乗ったが、タクシーの
運ちゃんに競馬場行きを拒否された。日本語が通じなかったこともあるが、韓国語で何
か激しい語気で私に「ノー!!」と迫った。2台目も競馬場行きを拒否された。一体、どうな
ったのか、私の頭は真っ白になった。そして3台目、なんとか競馬場行きを承諾してもら
い、高速道路で一路プサン競馬場へ。チップを弾まないと怒られそうだ。あとで聞いた話
だが、競馬場はタクシーのほとんどが嫌がっているそうだ。というのも競馬の帰りで客を
乗せる可能性がきわめて低く、高速代もかかる。競馬場へ行くよりは中心街を走り回った
ほうが得らしいのだ。韓国馬主会の雀さんも「プサンでは自家用車が必要不可欠。タクシ
ーを頼っていたら、大変なことになります」とのことだった。

いよいよ到着!!これがプサン競馬場だ!!



 タクシーにチップを払ったが、無事に競馬場へ着いてひと安心。きょうのプサン競馬場は
全6レース(レースの
合間にソウル競馬を場外発売)で楢崎騎手は計5騎乗。1、2、3、4、
と6レースで普段の日曜より騎乗数が多かった。ただ最終レースが取り消しとなり、4レー
スで騎乗数に変更が…。プサンの場内責任者に名刺とお土産を渡し、地下1階のジョッキー
控え室に案内してもらい、楢崎騎手と対面。 1レースの発走まであと15分。果たして楢崎
騎手は1レースでどんな騎乗を演じてくれるのか、胸がわくわくしてきた。せめてひとつくら
いは勝ってカメラにその瞬間を収めたいものだが…。


さすが国営!!設備はかなり豪華


 家族が楽しめる施設か、なんかいいムード。ソウルに負けないプサン競馬場だ



カフェも素敵。ここでケーキとコーヒーなんていいんじゃない…



プサン版の「パカパカランド」。子供たちがはしゃぎ回ってた
ゲートインの瞬間を待つプサンのスタンド


 日曜はあいにくの悪天候。小雨が降りしきり、強風が吹き荒れる始末。プサン用にマフラー
を持ってきて正解だった。それでもプサンはソウルに比べると天国だとか。雪はほとんど降らず、
夏は湿気がなく、過ごしやすいという。 だから冬でもナイターがやれるわけだ。




一般席も充実した設備。クリーンなプサン競馬場だ



馬券はこちらで購入。もちろん自動販売機も設置
まさにVIP!!オーナーズルームは超豪華


 オーナーズルームへ招待された私はその豪華さに感動。ソウルの競馬よりも造りが
素晴らしい。馬主、財閥級の人たちが利用するオーナーズルーム。とにかく凄い。




オーナーズルームの隣は特別指定席か?それでもなかなかゴージャス


楢崎功祐がいきなり1レースをゲット!!
6馬身圧勝のVゴールに鳥肌が…




 2番人気で勝つ可能性のあったHAENGBOKGEOTAPで楢崎騎手は素早く好位に取り
つき、直線馬場の大外に持ち出して凄い脚。「これは勝った!!」と私は思わず興奮してゴール
前でカメラを構えた。 直線半ばからは独走となり、スタンドからは「コースケ!!コースケ」の大
音響が…。いきなり勝つとはさすがコースケだ。来た甲斐があったぞ!!




 1000b、1分2秒4という勝ちタイム。小雨と強風を突いて楢崎功祐が魅せた1レース。
それにしても6馬身とは驚いた。もうこれで十分。コースケ、あとは気楽に乗れよ。


2レースは大接戦を制して2連勝
仕掛けのタイミングがバッチリ!!


 
 1レースが終わったあと、パドックでコースケに声をかけた。「1レース、凄かったな!!」と
コースケに賞賛を送った私。2レースのSEUNGNIGRANDもなかなかの気合乗りで期
待が膨らむ。ひょっとすると2連勝?でも勝負の世界はそんなに甘くない…。

ゴール前で必殺ムチがさく裂!!
楢崎コースケ、やった2連勝じゃ




 続く2レースも絶好スタートで好位マークから完全な勝ちパターン。それでもプサンの騎手
にも意地がある。直線、凄まじい叩き合いとなったが、コースケは真っ赤な太陽のごとく燃え
ていた。接戦を制し、2連勝ゲットだ。一昨日には未勝利に終わったのが信じられないほど。
1、2レースを連破するなんて夢にも思っていただけに、私の背筋に電流が走った。

な、なんと3レースもド迫力で3連勝じゃけ〜
絶望的な位置から歓喜のフィニッシュ




 正直なところ3連勝はないだろうと私は考えていた。2連勝で十分すぎる。かなり寒か
ったので3レースはスタンドからカメラを構えた。3レースは追走に戸惑っていた。4コー
ナーでは先行グループからは7、8馬身近いビハインド。届くのはかなり無理と諦めてい
た私だが、馬場の七分どころからケタ違いの脚で追い込んできたOCEANOSはアッと
いう間の差し切りで終わってみれば4馬身の独走ゴール。な、なんと1レースから3連勝
をやってのけた楢崎コースケ。金曜の未勝利は一体、何だったのか?プサンでも人気絶
大なコースケ。コースケがVゴールに飛び込んで来るとスタンドの歓声が嵐と化す。コー
スケ担当の美人通訳、ヨンさんは「コースケくんは誰からも好かれる性格。韓国語もかな
り勉強して読み書きもできるんです。凄いと思いませんか」と感心しきり。それにしても3
連勝とはビックリ仰天。プサンに来てよかった。オーラスが近くなった記者人生でこれだ
けの感動に出会えるなんて…。コースケよ、夢をありがとう。3月に帰ってきたら、焼き肉、
おごるぞ!!

プサンの騎乗を3月まで延長
9日には「コリアン・グランプリ」挑戦



 誘導馬でプサン競馬を華麗に演出する魅力的な彼女。名前が思い出せないのが悔
しいばかり。ツーショットをコースケに頼まれたが、なかなかお似合い。プサンでいい思
い出ができた。もう思い残すことはない。ちなみに楢崎騎手だが、当初の予定では12
月に帰国して福山で騎乗再開のプランもあったが、騎乗期間を3月まで延長してプサン
で奮闘を続ける楢崎功祐 。今週9日(日)にはプサン所属馬で1着賞金7億ウォンの「コ
リアン・グランプリ2012」に挑戦。日本人ジョッキーとして初の快挙なるか、瀬戸内が誇る
マーベラスハンター。さあミラクルGO!!