昨年の福山ラウンドで輝かしい歴史にピリオドが打たれたレディースジョッキー
ズシリーズ。あの感動と興奮が瀬戸内の砂上に甦る。南国土佐が誇る悩殺クイ
ーン別府真衣、九州のシンデレラガール岩永千明、そして昨年の福山ラウンド
で第1戦、第2戦を連覇して福山のスタンドを狂喜乱舞させた奇跡の妖精、下村
瑠衣と役者は揃った。すでに3月での廃止が決定している福山競馬だが、そん
な重苦しいムードを吹き飛ばす赤いトリオの競演。ファンにとってはたまらないク
リスマスプレゼントだ。

2R  いきなり悩殺V決めた!!別府真衣
    ディアマーベルで独走の逃避行を演出




 スタートから激しくステッキを振るい、強引な逃げに転じた別府真衣ディアマー
ベル。ゲート立ち遅れからキンイロノカゼがディアマーベルに一旦は馬体を合わ
しにかかるほどのハイペースだったが、別府真衣は全く動じない。3角からは後
続を一気に突き放し、直線では「真衣!!真衣!!」の大声援を背中に受けて独走
ゴールを直撃。その豪快な悩殺アクションにシビれた。






 5レース終了後に行われた「福山なでしこカップ」の騎手紹介セレモニー。雨
がすっかり上がり、まぶしいばかりの太陽光線が射し込む中、女性ジョッキー、
3名の紹介式が行われ、スタンドは大盛り上がり。このところ土曜日は雨続きだ
ったが、福山なでしこカップを祝福するかのような青空が広がってひと安心。7、
9レースで女性騎手たちはどんなパフォーマンスを演じてくれるのか…。




12/22  7R   C1−1   1250   不良 

プロパティー   岩永 千明 1.21.3 人気2
10 × サカベンハナコ   池田 敏樹 4/3 人気6
ドリームラナキラ   下村 瑠衣 1馬身 人気3
  ユノエスクード   松井 伸也 1馬身 人気5
ムツミクロフネ   高野 誠毅 アタマ 人気4
 別府真衣 タハラタイシン8着

7R 怒涛の後方強襲劇!!魅せた岩永千明
   プロパティーで逆転ゴールをイッキ直撃




 別府真衣タハラタイシンがスピードの差でアドバンテージを取ると思われた
が、内から高野ムツミクロフネがタハラタイシンを抑えて主導権。別府真衣に
とってもこれは計算狂いだったか。好位の外にサカベンハナコが構え、2馬身
遅れて下村瑠衣のドリームラナキラがインマークで手ごたえ十分の行きっ不
利。前が忙しい流れで下村瑠衣にとっては絶好の流れ。岩永千明プロパティ
ーはダッシュがつかず、しんがりからの追走。終いの決定力でどこまで盛り返
せるか…。



 ムツミクロフネの逃げを別府真衣タハラタイシンが追い、サカベンハナコも前
2頭に食らいついてペースは速い。前がゴチャつく流れでほくそ笑んだのは下
村瑠衣ドリームラナキラだが、勝負どころで脚色が鈍った。それとは対照的にブ
ービー待機の岩永千明プロパティーが三分三厘から目の覚めるような脚で馬
場の大外から先団めがけて直撃だ。


 


  直線で単独先頭に躍り出たサカベンハナコだったが、ピンクの帽子も鮮やか
に岩永千明が全身を躍らせての迫力騎乗。馬場の大外を突いてプロパティー
の突っ込みだ。まさに怒涛の形容がふさわしい岩永千明の気迫と勝負強さ。
ゴールでは軽く1馬身突き抜け、第1ステージを威風堂々のゲットだ。

 引き揚げてくるなり、プロパティーの首筋をポンポンと叩いて「ありがとう」と労
をねぎらった岩永千明。つぶらな瞳に輝きの笑顔。九州のシンデレラガールが
戦慄のパフォーマンスを演じてみせた。




9R さすが女王の貫禄!!別府真衣「悩殺V」
   メイショウアサギリでパワフル稲妻差し


12/22  9R   B3−1   1600   不良 

メイショウアサギリ   別府 真衣 1.21.3 人気
ナイスバンカー   下村 瑠衣 4/3 人気
  バービー   周藤 直樹 1馬身 人気
10 × パウロ   山田 祥雄 1馬身 人気
インテレス   岩永 千明 アタマ 人気




 第1ステージの勢いというか、岩永千明がインテレスで絶好のスタートを決め、
逃げを打つ。マイル戦に弱点を残すインテレスだが、道中スローに持ち込み、
完全なVペース。山田パウロが2番手からじっくり機をうかがい、メイショウアサ
ギリの別府真衣もスムーズな位置取りで流れは最高。下村瑠衣のナイスバン
カーも反応は上々。終いの切れでどこまで迫るか…。




 3コーナーからレースは一気に動いたマイペースを守っていたインテレスだ
が、後続がドッと押し寄せて馬群がひと固まりに…。鋭い切れを駆使して別府
真衣のメイショウアサギリが、そして下村瑠衣のナイスバンカーもシャープな脚
を駆使して一気にスパートだ。



 第1ステージのうっ憤を晴らすべく、別府真衣がメイショウアサギリで華麗なる
舞い。渾身の手綱で迫る下村瑠衣ナイスバンカー、執念の追い込みを半馬身
封じて女王の意地をみせた。岩永千明のインテレスは三分三厘からの厳しい
ペースに泣いての失速だったが、最後まで諦めない姿勢が総合優勝を呼び寄
せた。いずれにしても福山なでしこカップ、重賞レース並みの盛り上がりで大成
功を収めた。廃止するにはあまりにも惜しすぎるドラマティックな幕切れ。とにか
く残念というしかない。


総合優勝は岩永千明(佐賀)
2位・下村瑠衣 3位・別府真衣






 土曜日とは信じがたいファン、ファンの群れ。9レース終了後の表彰式には歓
声とエールが飛び交う熱狂ぶりだった。総合優勝を飾った岩永千明の戦いも見
事だったが、下村瑠衣も第1ステージで3着、第2ステージでも2着と機を吐いた。
別府真衣は第1ステージでの完敗が響いて3位に甘んじたが、その実力は男性
ジョッキーも顔負けだった。悩殺トリオが上位を独占して瀬戸内の砂上に赤い旋
風が吹き荒れた福山になでしこカップ。感動した〜

途切れることのないシャッター音!!表彰台でファンサービスの記念撮影が大人気

華麗なる赤いパフォーマー!!美女トリオがファンのサイン攻めに…







一撃必殺!!佐原グラスヴィクター稲妻決着

12/23  11R   A1   1600   不良 

グラスヴィクター   佐原 秀泰 1.44.0 人気3
× フレアリングマリー   周藤 直樹 2馬身 人気6
マルサンライナー   岡田 祥嗣 クビ 人気4
ビーボタンダッシュ   岡崎  準 半馬身 人気2
  ドリーヴァーデン   嬉  勝則 2馬身 人気5
 




 まさに冬の稲妻、グラスヴィクターが向正から豪快に脚を伸ばし、逃げるマルサンライ
ナーを早々と捕らえてパーフェクトVを達成。2番手からじっくり乗りこなしたフレアリング
マリーが二枚腰で2着を確保し、初オープンのビーボタンダッシュはブービーから鋭い
脚で三分三厘から一気にスパートを賭けたが、ゴール寸前で失速。馬場悪化が影響し
たのだろうか…。人気のシルクプレストは絶好スタートから最高の流れだったが、3角
からズルズル後退。敗因が全く不可解だ。