2/2  11R   3歳オープン   1600   良 

カイロス 495 −13 佐原 秀泰 1.47.4 人気1
メイライト 463 −2 池田 敏樹 4馬身 人気3
イワミノキズナ 462 −2 岡崎  準 2馬身半 人気2
  ブイアールラッキー 433  0 黒川 知弘 9馬身 人気6
  ゴーストドライヴ 423 +2 松井 伸也 クビ 人気8
馬連 4−5 570 馬単 5−4 710 3連単 5−4−3 860


疾風カイロス群を抜くゲートセンス
イワミノキズナは痛恨の出負け






 廃止まで50日。私のメールには福山けいば、そして私個人に対する励ましの
メールが連日のように送られてくる。まだ2月上旬で就職云々は決められない状
態だが、いずれにしても競馬記者に別れを告げることになりそうだ。ファンの皆さ
ん、暖かい励ましのメールをありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げ
ます。さて、厳しい寒さが一転してポカポカ陽気の2月2日。急遽、福山ダービー
が3月17日に開催されることになり、きょうの若駒賞はその前哨戦といったとこ
ろ。距離的にはヤングチャンピオンでカイロスに初黒星をつけたイワミノキズナだ
が、如何せん馬場が超高速。ヤングチャンピオンでマイルを経験したカイロスが
僅かに優勢とみたが…。アドバンテージを取ったのはもちろんカイロスだ。ゲート
が開くと同時にロケット噴射のごとく豪快に飛び出し、メイライトに早々と3馬身近
いセーフティリード。逆にイワミノキズナはゲートで1頭だけ取り残されるハンデを
背負い、最後尾からの追走。力勝負の馬場ならまだしも、先週から追い込み受
難で果たしてヤングチャンピオン再現はなるのか。致命的な出負けで暗雲が…。


向正で息を整え、3角から一気スパート
ひと皮むけたカイロスが完全に独走態勢



 これまでのパターンだと向正からグングン飛ばし、後続を全く寄せつけなかったカイロス
だが、きょうはひと味違った。佐原騎手が向正で一旦息を入れ、メイライトが来るのを待っ
てそこからスピード全開のパターン。単にスピードで押すのではなく、道中のスタミナ温存
というスピード馬にとって最高のパターンで3角から後続を一気に引き離したカイロスの強
さ。こんな競馬ができるようなら仮にオープンでも少々では負けない。スケールアップした
カイロスをみた思いだ。イワミノキズナは出負けしたこともあったが、ヤングチャンピオン時
の反応にまるで欠けていた。岡崎騎手が2角から気合を注入も、行き脚がつかない。カイ
ロスとは8馬身ものビハインド。大ピンチだ。
持ったままゴールをめざすカイロス
岡崎困惑!!イワミノキズナ2着も危うし



 勝負は向正で早々と決していた。 カイロスの佐原騎手、手綱を動かしたのは直線を向い
てほんの一瞬だけ。マイナス13`の馬体減もなんのその。むしろ体つきが引き締まり、軽
快さがアップしたカイロス。ラスト100bは流しただけ。カイロスとは対照的にイワミノキズナ
は脚どりが重く、メイライトを捕らえることすら困難な状況だ。
佐原会心!!カイロス4馬身圧勝の戴冠




 黄昏色に染まったマイルの砂上を悠々しく駆け抜けるカイロスと佐原秀泰との名コンビ。
メイライトが向正で一瞬、カイロスの影を捕らえたが、それ以外カイロスは後続に影すら踏
ませぬ 豪快なアクションのスプリントでメイライトに4馬身、イワミノキズナには7馬身近い
決定的な差でヤングチャンピオンのリベンジを果たした。兵庫ジュニアグランプリではイレ
込みが激しくゲートで立ち上がるハイテンションをさらけ出し、ガタ負けを喫したカイロスだ
が、やんちゃ坊主が回を追うごとに大人へと変貌。3月で廃止になるのが心残りだが、私
はひとりの地方競馬ファンとしてカイロスを見守って行きたい。それにしても佐原騎手は実
に心憎い乗り方でカイロスのスピードを100%引き出した。見事な騎乗ぶりだった。
3歳牝馬最強を証明メイライト


 カイロスには歯が立たなかったものの、スタートから2番手をキープし、最後まで踏ん張り
抜いたメイライト。3歳牝馬のスピードを如何なく発揮して2着を死守。勝負強い先行力には
脱帽だ。

出負けと馬場が…イワミノキズナ



 岡崎準の表情が青ざめていた。カイロスに約7馬身、メイライトにも4馬身もの差をつけ
られて3着に甘んじたイワミノキズナ。超高速馬場と出負けで完全にリズムが狂ったと
いうことか。それでも力はもちろんこんなものじゃない。信じられない不発に私もショック。



7R 常勝ルシーダカフェの連勝「9」でストップ
   金星の山崎雅由!!レジオンドヌール逃走



 転入3戦目から9連勝の快進撃をやってのけた旋風児ルシーダカフェ。10連勝
へ死角なしと思われたが、伏兵レジオンドヌールの前に痛恨の敗北。ふたケタ連
勝を山崎雅由に阻まれた。それにしてもきょうの若駒でマサタケローズに騎乗チャ
ンスが巡りレジオンドヌールの手綱を捌いた山崎雅由、とにかく福山は我が庭とば
かりに1250を華麗に乱舞。ルシーダカフェの10連勝を阻止する鬼迫の逃げは見
事の一語に尽きた。
8R 金沢のパワー牝馬カイカセンゲン連勝
   手綱が冴える青柳正義が福山で6勝目



 転入初戦で驚異のパワーをまざまざとみせつけた金沢の実力派牝馬カイカセン
ゲンが向正過ぎから逃げるフェドゥネージュ、2番手ウインラスターを捕らえにかか
り、直線先頭から追いすがるベニバナセンプーを封じ込んで2連勝。スピード、プ
ラス破壊力を兼ね備えたカイカセンゲン。福山のB級では競走スケールが一枚上
で連勝を積み重ねそうなムードだ。青柳騎手はこれで福山通算6勝目。どこまで
勝ち星を伸ばすか…。