2/16  11R   3歳−牝馬   1800   良 

メイライト 457 −6 池田 敏樹 1.59.6 人気1
フレアリングレーヌ 400  0 青柳 正義 1馬身 人気2
スイングリーダー 425 +2 畑中 信司 3馬身 人気3
  カンタオーラ

437  0

岡田 祥嗣 6馬身 人気6
ゴーストドライヴ 423  0 松井 伸也 3馬身 人気7
馬連 3−4 230 馬単 4−3 270 3連単 4−3−8 510


ゲートセンス抜群のメイライト
素早いダッシュで楽々と主導権


 2月も残すところ10日余り。すぐに3月の声を聞き、24日は涙のフィナーレ。最終週
の23、24日は競馬場へ足を運ぶのが哀しくて…。ホームページもどこまで運営でき
るやら…。就職活動にも力を入れなければならず、途中打ち切りの場合はあらかじめ
御了承下さい。廃止まで続く重賞シリーズ、今週は若草賞トライアル「福山プリンセス
カップ」だ。3歳馬にとって初の1800だが、高速馬場でペースも超スローは必至。ス
ピードで他を圧すメイライトで役者が一枚違うはずだ。 ゲートの扉が開くと同時に勢い
よく飛び出したのは予想どおり、メイライトだった。畑中のスイングリーダーがペースを
崩しにかかろうとするが、絶対スピードが一枚違った。フレアリングレーヌの青柳騎手
は内枠からインをぴったりマークの作戦。脚抜きのいいインからじっくりと機をうかがう
作戦。ラスト3ハロンの瞬発力勝負に持ち込めれば逆転戴冠も…。


スローでスタミナ温存のメイライト
3角から猛烈スパートを開始だ



 メイライトの逃げをスイングリーダーが1馬身、その内に半馬身差でフレアリングレーヌ
が追う展開。池田騎手は道中まんまとスローに落とし、後続が来るのを待ってのスパー
ト開始だ。スタートから大逃げを打つムードもあったが、1800の距離を計算づくの池田騎
手。勝負どころの三分三厘から一気にペースが上がり、後続を引き離しにかかるという
最高の流れに持ち込んだ池田敏樹。もう、女王戴冠は目前だ。
4角で独走態勢を敷くメイライト
インからフレアリングレーヌが迫る



 3コーナーで勝負はすでに決していた。打倒メイライトに意欲を燃やしたスイングリー
ダーは3角手前までメイライトに1馬身差で食らいついていたが、勝ちに行ったことで
4コーナーにさしかかると脚色が急速に衰えた。そしてインからメイライトの影を捕らえ
ようとする青柳フレアリングレーヌ。懸命にメイライトを追いかけるが、なかなかその差
が縮まらない。道中スローに落としてスタミナ温存を図った池田メイライトはラスト100
を過ぎてもスピードに乗ったフットワークで栄光ゴールを一目散だ。
役者が一枚違ったメイライト完勝
「若草賞」でミラクルを起こすか…


 最後はフレアリングレーヌに1馬身差まで詰め寄られたが、池田騎手はすでに勝ちを
確信してゴール50bでは早々と手綱を緩めた。スタートからスピードレベルの違いをま
ざまざとみせつけたメイライト。全身これバネのシャープな馬体から繰り出すスプリント
に威力を秘めるメイライト。単に逃げるだけではなく、自在性を兼ね備えたメイライトは
3月18日の若草賞へ挑む。全国交流でメイライトの真価が問われるが、回を追うごと
にパワーアップ、スケールアップするメイライト。ミラクルを起こすかもしれない。




 喜びに沸くメイライト陣営。いつものように厩舎周りの際に私に美味しい沢庵をプレ
ゼントしてくれる桜井保雄(写真・右端)さん。今度は私がお返しをしなければ…。メ
イライト戴冠の記念写真をプレゼントするつもりだ。酒、タバコはいっさいやらず、野菜
作りが趣味という桜井さん。私とは真面目さがひと味違う。それでも競馬が廃止にな
ったら私もタバコともおさらばだが…。
フレアリングレーヌも「若草賞」の権利ゲット
テクニシャン青柳正義の手綱に注目



 メイライトには脱帽するしかなかったが、本番の若草賞は全国レベルでハイペース必至。
好位をソツなく立ち回れれば、あるいは金星ゲットの可能性も。フレアリングマリーの下で
勝負強さが群を抜くフレアリングレーヌ。大仕事をやってのけるかもしれない。