瀬戸内の砂上へと帰ってきた南国土佐のオレンジボーイ。一昨年は2カ月
半の騎乗で通算9勝をマークしてさわやかな旋風を巻き起こした岡村卓弥騎
手。20歳になり、心、技、体ともすべてスケールアップした高知の若大将はど
んなパフォーマンスを演じてくれるのか…。


18歳から20歳へ…。精悍なマスクでイメージチェンジした岡村卓弥。新たな
決意で廃止までの4週間、全力投球を誓う若き闘魂の火花が散る。







3/2  11R   B1   1250   不良 

アルアラビアン 489 −9 岡村 卓弥 1.20.1 人気1
トライチャンス 498 −3 佐原 秀泰 1馬身 人気2
サバイヴアゲン 555 −3 三村 展久 ハナ 人気3
10 × ミッドコサージュ

418 −3

下原  理 1馬身半 人気4
グランプリワイルド 494  0 山崎 雅由 3馬身 人気5
馬連 1−9 670 馬単 9−1 800  3連単 9−1−8 1620

予想外の展開!!アルアラビアン5番手
輸送減りが原因?ざわめくスタンド



 
きょうからいよいよ岡田祥嗣騎手がJRAデビュー。土曜は4鞍、あすは5鞍の全
9騎乗。初陣は1R・人気薄のフライトミューズ(11番人気)で16着スタートで続く2R
のイキイキシンサク(12番人気)は11着、3Rのディルムッド(9番人気)が12着。そ
してきょうJRA初勝利への期待が高まった9Rのジョーショーキングは4番人気の
支持を受け、好位から見せ場たっぷりのレースだったが、結果は9着…。まだ移籍
したばかりで馬場に不慣れな岡田祥嗣。あす、日曜のレースに期待だ。メインは高
知のアルアラビアンが断然の1番人気で鞍上は岡村卓弥だ。マルサンライナーが
逃げてミッドコサージュの2番手は確定的だったが、その直後にアルアラビアンが
持ったままで3番手という流れを想定していたが、アルアラビアンは輸送減りが堪
えたのか、意外なほど出脚がつかなかった。なんと5番手、高知でもこんな位置は
経験がない。岡村騎手もさすがに焦ったのか、2角からは手を激しく動かして順位
を上げようとするが…。マルサンライナー、ミッドコサージュの小競り合いで3番手
にトライチャンス、そしてアルアラビアンにとって難敵ともいえる三村のサバイヴアゲ
ンはアルアラビアンを徹底マークの6番手だ。


佐原トライチャンスがパワーで先頭に迫る
岡村卓弥アルアラビアンも追撃開始


 マルサンライナーは向正から自然消滅のような形で脱落。ミッドコサージュがいち早く先
頭に躍り出て、トライチャンスの佐原騎手がここぞとばかり勝負に出た。岡村卓弥のアルア
ラビアンも徐々にエンジン加速。が、勢いは完全にトライチャンスでその差は4馬身弱。果た
してこれで届くのか。2角からかなり気合をつけて追走したアルアラビアン。スタミナ切れが
危惧されたが…。
悲鳴から歓声!!キタ〜オレンジの帽子
まさに死力!!岡村卓弥だアルアラビアンだ



 馬場コンディションを考えると逆転はかなり難しい状況だった。直線でトライチャンスが
パワフルな脚でミッドコサージュを捕らえにかかり、アルアラビアンはまだ3馬身近い
ビハインドを余儀なくされている。それでもここからが高知が誇る未来のスーパージョ
ッキー候補の真骨頂だった。血に飢えた野獣のごとく激しくステッキを振るい、ラスト
1ハロンで魂の乗り移ったワイルドな手綱捌き。キタ、キタ、キタ〜、オレンジの帽子だ。
凄まじい右ステッキを乱打の岡村卓弥
鬼迫の騎乗でアルアラビアン逆転V決めた




 4歳の大器候補トライチャンスめがけて岡村卓弥が渾身の右ステッキを連発し、
グイグイと佐原トライチャンスに迫る。まさに死力、その光景に思わず鳥肌が立った
ほど。ゴール30bで一気にトライチャンスを捕らえ、Vゴールを威風堂々に駆け抜
けた岡村卓弥。それは衝撃的なアルアラビアンでのメインゲットだった。攻撃は最
大の防御を地で行く高知の若大将、魂の騎乗がアルアラビアンにVを導いた感動
の瞬間だ。
 
「全然届かないと思った」岡村卓弥
照れくさそうに引き揚げてきた高知の星
 

 絶好調男、佐原秀泰も脱帽した岡村卓弥のパワー騎乗。「4角でも前とはかなり差が
開いていたので絶対に届かないと思ってました」と苦笑いを浮かべながら引き揚げて
きた岡村卓弥。絶望の淵から気迫で勝ち取ったアルアラビアンでのメインゲット。廃止
まで僅か残り4週間の騎乗だが、20歳の未来ある「ポスト・赤岡修次」が瀬戸内の砂
上に記憶に残る名勝負を刻むか。がんばれ!!岡村卓弥。
◆きょうの「冠レース」はこちら


 競馬の予想サイト「カワタカ技術ココログ工場賞」による冠レース。興味のある方
は是非、アクセスしてみてください。楽しそうですよ。

池田アポロライダー横綱相撲



 1250のスペシャリスト的な快速馬テラモガンダンを2番手から一気にネジ伏せた
アポロライダー。1250でテラモガンダンを打ち破るのは至難の業と思われたが、
アポロライダーは速くて強かった。「カワタカ技術ココログ工場賞」のスタッフの皆さ
んもきっといい記念になったことでしょう。