いよいよあすに迫った福山競馬の最終章。廃止の瞬間はどうしても見たくなかったのですが、競馬ライターとして最後の福山競馬を見届けなければ悔いが残ってしまいます。あすがホームページ最終回となります。本紙がホームページを立ち上げてから16年、そして私の「情報BOX」がスタートしてから14年。これまで温かいご愛顧とご声援、誠にありがとうございました。これからはひとりの競馬ファンとして地方競馬を見守って行きたいと思います。ファンの皆様のご健勝とご発展を心からお祈りして…。





 瀬戸内のマーベラスハンター、楢崎功祐が福山へ帰ってきた。残り2日のみの騎乗となるが、功祐
ファンにとってはたまらない2日間の騎乗。韓国・プサンでは実に68勝。あと2,3勝していればリー
ディングジョッキーに君臨していたほどの好成績。私が昨年12月にプサンを訪れた時には1レースか
らなんと3連勝という離れ業をやってのけた。競馬ライターとして最高のプレゼントだった。楢崎功祐、
1年ぶりのパドックにファンの熱い視線が…。


帰国3戦目で魅せた!!アグネスビスタ
まさにマーベラス!!プサン土産にスタンド熱狂


 楢崎功祐、福山で1年ぶりの美酒。5レースのアグネスビスタでさすがのハードパン
チャーぶりを披露。怒涛の豪腕に瀬戸内のスタンドがうなった!!



7R 鳥肌の立つド迫力騎乗で2勝目
   アラタマライトでド肝抜く怒濤差し



 5レースに続き、楢崎功祐がアラタマライトで威風堂々の稲妻V。3角強襲で独走態
勢を敷いたイーグルバスターを直線で豪快に捕らえ、胸のすくような2勝目をゲット。






 廃止までアラブが在籍していたことだけでも心が熱くなる。日本で残された唯一のアラブ、それが
レッツゴーカップだ。今年で13歳。真っ白に変身した姿のレッツゴーカップ、最後の勇姿をひと目見よ
うとパドックには多くのファンが詰めかけた。結果はともかく、無事完走を祈るだけだ…。




まさに渾身!!アラブの白い夢戦士レッツゴーカップ




 ただひたすら、懸命に走り続けた。春の訪れを告げるさわやかな風に乗ってアラブ
の白い戦士が巨体を揺らし…。3コーナー手前で力尽きながらも、闘争心を失うこと
はなかった。渾身の力をこめた89秒のラストラン。スタンドからは嵐のような大歓声が
春空にこだまし、レッツゴーカップは感動のフィニッシュラインを駆け抜けた。競走馬
として一流の道を歩めなかったが、アラブ王国福山の名脇役としてドラマを演じ続け
てきた純白の千両役者。さようなら12歳のよき友よ、レッツゴーカップ。




 全身泥だけにしながら、全力を出し切ったレッツゴーカップ。ファンの待つスタンド
に最後の勇姿。まだまだ元気なレッツゴーカップに大歓声が送られた。



 もう二度と目にすることはできないレッツゴーカップの勇姿。貴重な記念撮影だ



顔で笑って心で泣いた…。オーナーの西田数子さんも感慨深げ



常に全力投球でレッツゴーカップを仕上げてきた柳井宏之調教師




訣別の時…別れを惜しむ生涯最高のパートナー、渡辺博文騎手



9R 野田誠の会心プレーで一撃必殺!!ディンプル



 厳しい位置取りを余儀なくされながら、野田ディンプルが直線外から豪快に抜け出し、
その強さを誇示してみせた。ハイペースと呼んで慌てず騒がず、中団キープからスタミ
ナを温存した野田誠騎手のファインプレーがキラリと光った。






 図太い性格のエイユートルネードを見事にコントロールし、中団から強烈なアクション
で直線一気に抜けた楢崎功祐。帰国後、これで早くも3勝目の固め勝ちを演じた瀬戸
内のマーベラスハンター。とにかく凄い!!凄すぎるぞ。




終い切れた!!直線乱舞セイセイ堂々のV獲り


 先週は大分の玖珠に住む叔母が突然の不幸で九州へ…。亡くなるT週間前から
叔母、叔父に会いたくて仕方ない気分になっていた。きっと叔母が私を呼んでいた
のかと思うと哀しくて哀しくて…。先週は福山ダービー、若草賞のホームページをア
ップすることができなかったが、美しい顔で静かに眠る叔母の顔を目にすることがで
きただけでも幸い。福山競馬も残るところ、きょう、あすで63年の歴史に幕を閉じる。
福山エースのホームページもあすで終了となることが悲しいが、ホームページは削
除せずに当分の間は見れます。過去の懐かしいレースをお楽しみください。メイン
は大混戦の弁天島賞。前走で完全復活の産声をあげたカンピオーネロサを狙い撃
ちしたが、波乱に満ちた一戦だ。スタート後、位置が後方になった時点でカンピオ
ーネロサはジ・エンド。逆にセイセイドウドウはスタートのタイミングがバッチリ合い、
絶好の4番手。これだけの位置が取れればセイセイドウドウの決め脚がモノを言う。
一旦は水野ケリーズラブが抜け出したが、パワーで勝るセイセイドウドウがその名
のとおり、馬場の大外一気に迫力の末脚で激戦を制した。


敗れてさすがの水野貴史ケリーズラブ


 レース後、井上オークスさん、赤見千尋さんとにこやかに雑談する水野貴史騎手